ひらめきメモ中の人F太さんに学ぶ、情報を発信することの大切さ。

不眠に繋がり、ひいては、うつになるという指摘はまぁ間違っていないでしょう。

眠れないというのは想像以上のストレスですからね。

ただ、情報をただ消費するばかりだから、頭の中がパンクしちゃうんだと思います。アウトプットすることも心がけるといいでしょう。

情報を発信する

発信者になろう

友人のリア充自慢というのは、何の価値もないという認識をしましょう。

まぁ…そうですね。楽しそうにしている写真を見ると羨ましい気持ちもわからないことはないです。

ただ、自分も何かを発信する側に回ると、そういった嫉妬は自然と消えていくものですよ。

ブログに限った話ではありません。

情報発信というとブログと思う方も多いですが、なにもブログにかぎらずとも、TwitterやFacebookでもなんでもいいです。

あなたもリア充アピールしましょう!とはいいませんが、自分の興味のあることをバンバン発信していってみてはいかがでしょう?

趣味で出来上がる人脈は新しい世界が見えて楽しいものです。

そうして自分の楽しい世界を構築できるというのはネットの強み。

気がつけば、リア充アピールをしていた友人とは構築した世界が違うので、気にならなくなります。

ネタは尽きないもの

ネタというのは、基本的には尽きません。

自分の興味のあることだったら、いくらでも話せませんか?

ニュースとか逐一チェックしちゃったりしてますよね。

お金の話

リア充アピールって大変そうだ

このツイートだけ見ると皮肉っぽいですが、決して皮肉ではありません。リア充アピールは大変だと思います。

たった1枚の写真に相当な情報を詰め込んでいるんですよね。あれ。

すごい労力の割に、得られるものは少しの承認欲求が満たされた気持ちだけかなって感じです。

リア充アピールを買うか?

今のところ、Facebookのタイムライン記事を直接お金に変える仕組みはありません。

仮に、そういった機能が実装されたとしましょう。

他人のリア充アピール、買いますか?

きっとニッチな記事が買われる

自分の好きな分野で情報発信を続けるというのは、いずれ何かしらの収益を生む可能性があるという利点もあります。

ストックしていくという意味では、ブログが最も優れていますが、FacebookにしてもTwitterにしても何にしても、その世界で何かを極めている人というのは目立ちますよね。

実は、見えないところでその知名度を活かしてお金稼いじゃったりしてます。

情報発信からビジネスになった人の話

心に響くツイートで有名に


例えばこのF太さん。

F太さんというとピンとこないかもしれませんが、彼の過去の人気ツイートを集めたBotのほうが有名でしょう。


ひらめきメモなら聞いたことがあるかもしれませんね。彼なんていい例でしょう。

彼は公認会計士として勉強している時に、挫折しそうな自分を励ますために情報発信を始めたそうです。

その言葉が多くの方を勇気づけ、共感を呼び、これだけの人気を博しています。

フォロワー数は、ひらめきメモのほうで20万9139人です。(2016/05/05現在)

ビジネスへ

彼は本を執筆してます。

それを、「楽しいほう」に変えてみない? 明日ちょっと運がよくなる、思考のメモ (大和出版)

読んだことがないのでわかりませんが、おそらくツイートをまとめたものか、ツイートをまとめちょっと加筆したものだと思います。

解答者の写真

え?過去のツイートならネットにあるやん。

と思った方もおられるでしょう。ただ、Twitterは検索するのがめんどくさいですよね。

過去の名言も埋もれちゃってるんですよ。そういった方の手間を省くためにまとめてあげてるんです。そして対価をもらっていると。

ただのツイートまとめでも、彼の知名度、発言の共感性を持ってすれば立派なお金を取れるコンテンツになるということです。

ちゃっかりリアルビジネスにも展開しているようで、カフェをオープンしているみたいです。やりますね〜(笑)

情報発信を始めよう

言うまでもありませんが、お金をモチベーションにすると続かないので、こんなのお金にはならないだろうという自分の趣味を徹底的に極めてみてください。

そしてそのノウハウをTwitterなどでバンバン発信しましょう。

ただ消費するだけでは、情報の海にうまく乗ることはできませんよ。