意外なメリット?精神障害者雇用の問題を扱ったハートネットTVが最高だったのでまとめるよ!

意外なメリット

平成30年の4月から、精神障害者の雇用義務化がスタートしました。

雇用義務化といっても、絶対に雇用しなければならないわけじゃないので注意!

みんな勘違いしてない? 精神障害者の雇用義務化…調べたら、義務化ではないっぽいけど?

2017年4月17日

NHKのハートネットTVという番組で、精神障害者雇用を話題にしていました。

精神障害者を雇うと、職場環境が良くなって生産性が向上する…こんな意外なメリットも紹介されてました。

第1回と第2回にわけて放送されていて、みながらわーっとツイートしていたので、そのまま載せます(笑)

 



第1回目放送

第2回目放送

健常者だったら見逃すような

 

まとめ

  • 企業も当事者も、手探り状態
  • 現時点では企業側の負担がでかすぎる
  • 人手不足解消、医療費の抑制などを考えると、社会復帰を促したほうが国のため
  • 個性を活かせば、健常者以上の働きを見せることもある
  • 精神障害者がいると、職場全体が優しい雰囲気になる
精神障害者雇用というと、なんとかして働かせて「あげる」という側面が強いですよね。

私たち当事者も、そういう認識の人が多いんじゃないかな。

だけど、戦力にもなるし、職場環境が柔らかくもなる可能性を秘めている。

ほっしー

特に、配慮が行き届いた環境になるってのは、健常者にはできないことだよね。

精神障害になったからすべてが終わりだ…ってわけじゃなく、私たちにしかできない仕事。

もしかしたら知らないだけでたくさんあるのかもしれませんね。

関連記事

 

意外なメリット

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。