うつ病、治す気がないですよね? と言われて思ったこと

どうも、ほっしーです。

女性
うつ病、治す気がないですよね?

SNSで自分の病気について発信したことがある人は、一度ぐらい言われたことがあるセリフかもしれません。

私はTwitterでもバッシバシ発信してるし、ブログの問い合わせボックスにいってくる人もいます。

うつが強かった時期は、ベッドの中でブログ更新してたんですけど…それを知る由もないでしょうw

男性
病気なのに個人情報公開なんてバカだねぇ…。 若いからかな?

とかいってきた暇人もいましたね。 元気にしてるかな?

言われるとそりゃ少しショックは受けますが、まあそういう人は誰に対しても何かしら文句言ってんだろうなぁと思います。

 

 

「ブログばっか書いてないで、ちゃんと休めよ。元気なら働けよ」

ほっしー
うつ病だったらブログ書いちゃいけないんですか? あなたはTwitterしてるのに? んんん?

ブログばっかり書くのは趣味だし、今は仕事なのですよ…。

私から生きがいを奪わないでくださいまし。

 

予想外だったのはこれ、うつ病当事者に言われたんですよw

当事者の間でも理解のない人はいるってことです。ショックですねぇ…。

ただでさえ生きづらいのに、内戦なんてしてる暇あるんすか?

 

そういえば、こんな意見もありましたねぇ。

男性
うつ病とか絶対ウソ、ほっしーとかいうやつビジネスメンヘラだよw

私はブログに診断書を公開しているのですが、まあこういう人に見せてもおそらく偽造とか言われるんだろうな…w

 

そもそも、治療目的でブログ始めたんだよ!

精神科医
日記をつけてください。日々の体調を記録していきましょう。

主治医にそう言われたので、忠実に日記をつけ始めました。

ただ、私は文字を書くよりもパソコンを打つほうが楽だったので、パソコン執筆に変更。

それがこのブログのスタートです。つまり、治療目的でブログ始めたんだよ!

うつが軽減、寛解したのは間違いなくブログのおかげです。

うつ病ブロガーが語る! 日記の効果と長続きするコツ

 

そういう事情も知らずに

男性
ブログかけるとか甘えじゃね? うつ病じゃなくね?

なんていうのはお門違い。勘違いも甚だしい。

人によって治療のやり方ってのは違うんですよ。

 

私はうつ状態のとき、人と話すのは絶対無理ですが、人によってはツイキャスで愚痴を聞いてもらってる人もいます。

正直、狂気の沙汰だなって思うと同時に、すげーなって思います。 自分のうつ状態を他人に晒すとか絶対無理。

でもそこは私が文句言う資格はないんですよ。 彼ら彼女らの「楽になるやり方」が私とは違うだけです。

 

もしあなたが「治す気がないよね?」と言われても、気にすることはない

相手の事情を理解する気がない人が使う言葉です。

それに、わざわざ言ってくる人っていうのは言わないと気が済まないんですよ。

相手をおとしめて一時的に自分が浮上することに酔いしれる、小さな喜びを噛み締めて生きているような人種です。

実際には自分の価値は全く向上してないどころか、評判が下がるだけなのに、それに気づいていない愚かな人です。

ほっしー
世の中には、相変わらずどうしようもない人っているんだぁ…

と思えば、かわいそうな気持ちになってちょっとだけ気が楽になりますよw

周りからなんと言われようと、自分のペースを守って治していきましょう。

 

さいごに:治す気がないと言ってくる層は永遠に存在する

人を羨む気持ちと、時間が有り余って暇な人がいる限り、これはなくなりません。

具体的に書くとこんな感じ。

健常者

  • うつ病についての知識が浅すぎる
  • 俺は苦労してるんだ! お前も苦労しろ!
  • 頭が悪い
当事者(同じうつ病の人)

  • 自分より症状が軽いのが羨ましい
  • 自分にはできないから嫉妬している
共通してるのは彼らはとにかく暇人だってことです。

 

Twitterでめちゃくちゃ人を叩く人っているじゃないですか。あれも暇なんですよ。

イジメをする人間と同様の思考回路です。 暇すぎてたまんないんですよ。

そんな人にあなたや私の貴重な時間を1秒たりとも渡してやらないでおきましょう。

時間は人間に与えられた平等の価値ですよ。

自分のいいと思うこと、人、モノ、情報に時間を使っていきましょう。