【うつ】やる気が出ない=甘えだと思ってしまう理由

どうも、ほっしーです。

やる気が出ないときに自分は甘えてるって思ってしまいません?

ほっしー
むっちゃわかる。気持ちの問題じゃねーのって思っちゃうよね。

気持ちがずっしり重い急性期はやる気について気にする余裕もないけど、一番長い回復期に考えちゃうんですよね。

ある意味、ちょっと余裕ができて何かをしたいと思えるようになっているので、良い傾向だとも言えるでしょう。

ただ、なぜうつ病は病気だと分かっていてもやる気が出ないと甘えだと思ってしまうのか。

文春オンラインの記事におもしろい解釈の仕方が載っていたので紹介しましょう。




うつ病はやる気が出なくなる病気ではない

私は病気を経験して、意欲や気持ちの問題に特化したうつ病の語られかたには、非常に大きな副作用があると感じるようになりました。

病気の内実を「気持ちの問題」に還元することは、

「結局は気の持ちようじゃないか。やる気しだいじゃないか」

「だれだって、朝からラッシュの電車に揺られて会社になんか行きたくない。それでもみんながんばってるじゃないか」

といった、病者にたいする周囲のネガティヴな感情を、かえってあおる結果につながったと思うからです。

引用:(3ページ目)うつは「意欲が下がる病気」ではない――「うつ」に関する10の誤解 1・2 | 文春オンライン

これ、面白い解釈だなぁと思いました。

うつ病は意欲が萎える病気というイメージが強いから、病気というより甘えの印象が強くなるってことです。

あくまで私の発病体験にそくしての話ですが、前章のような経緯で精神的に追いつめられていた時期に、

まず徐々に能力の低下が起こり、それでもどうにか仕事をつづけようともがくうちに、そもそも文章を読み書きできなくなるところまで症状が進み、

「こんな自分ではもうなんの仕事もできない」

と思わざるをえなくなって、ついに生きる意欲が消滅したという印象です。

引用:(3ページ目)うつは「意欲が下がる病気」ではない――「うつ」に関する10の誤解 1・2 | 文春オンライン

確かに、いきなり意欲がガクッと落ちるというよりは

できないことが増えていった結果、意欲が萎えたのほうがしっくりきますね。

図解してみるとこんな感じ↓

意欲の低下は主症状というより、結果.001

 

病気の症状として「結果的に」やる気が出なくなったんだと意識しよう

主症状としてやる気を捉えると、自分でも甘えだと思ってしまいがち。

なので、結果としてそうなってしまったんだと意識することによって

男性
うん、病気のせいでこうなってるんだもんな

と思えることができるかもしれません。

 

発想をちょっと変えるだけで、気持ちが楽になる。

こういう考え方めちゃくちゃ好きなので、また面白い記事があったら紹介しますw

 

関連記事

 

意欲の低下は主症状というより、結果.001

長時間労働と合わない環境で「たった半年」でうつ病を発症。

メンタルをハック(分析して改善)することが大好き。

自身の経験から、生きやすくなる情報を分かりやすい形で配信してます。

気軽にほっしーと呼んでください。

詳細プロフィールはこちら

Voicyでラジオ放送してます

LINE@もやってるよ

元気になれるInstagramはこちら