ブロガーを辞めるにはまだ早い!実はブロガー界の競争がぬるい3つの理由

どうも、ほっしー(@hossy_FE_AP)です。

先日、すぐにやめてしまうブロガーの特徴を記事にしました。

なかでも一番多いのは、他人と比較してしまって萎えてしまうということだと思います。

 

  • 他人と比べると私なんてダメだ……
  • 競争に勝てない……

 

競争!という視点ですが、確かに厳しいと感じることはあります。

しかし、見方を変えればブロガーの世界の競争はない。もしくは、ぬるいのかもしれません。

 

 

ブロガーの競争はぬるい理由

批判はむしろ評価される

信頼を失墜するような記事を書いてない限り、個人的な批判、罵詈雑言にとどまります。

自分の考えを表明しているだけなので、他人の意見は無意味っちゃ無意味なわけです。

 

で、ブロガーの場合、炎上して晒されまくったとしても、心は傷つきますがアクセスは増えます(笑)

叩かれているのに結果的においしい!

 

これはブロガーならではなのではないでしょうかw

 

本質的には被らない

ブロガーにはいろんなタイプの方がいますが、基本的にはタレントのような売り方をしている人が多いです。

私も顔出し実名で活動しているという意味では例外ではないでしょう。

 

タレントや芸人さんを見ていると「キャラが被る」ということがありますが、ブロガーの場合はそれが少ない。

 

自分をさらけ出す人が多いので、さらけ出してみると被っているところは少ないんですよ。

逆に言えば、さらけ出さないと被ってしまうことが多く目立たないんですよね。

なぜかぶらないのかというと、育ってきた環境が全く違うので、深掘りしていけばどこかに面白いポイントがあるはずです。

 

自分では当たり前だと思っているところが意外とウケたりするのでさらけ出すことは大事ですよ。

 

他のブロガーが売れまくってもパイが減るわけではない

考え方は様々ですが、基本的には読まれることがすべてのブロガー。

誰かが売れていくのを見ていると、つい自分が置いていかれてしまっているような感覚に陥ってしまうかもしれません。

ただ、今ブロガーとして有名な方を見ているとわかるのですが、誰もやり方被ってないんですよ。

基本的なところの考え方は似ているとしても、記事を見てみると、書き方、切り口、考え方は本当に様々。

 

こうしたら売れる!という必勝法はないように思います。

 

唯一共通しているのは「楽しく書き続けている」ということじゃないでしょうか。

そういう意味では、誰かが売れたからといってパイが減るわけではないと捉えることができます。

他人の成功は素直に喜んでおいたほうが、精神衛生上もいいのでこの考え方はオススメw

 

事業の多角化がしやすい

ブロガーはブログを書いて収益を得ることが基本となりますが、何もそれだけにこだわる必要もありません。

例えばあなたが、システムエンジニアの経験があるなら、自分のブログでプログラミングの腕をアピールして仕事につなげることも可能でしょう。

記事を書いて収益を上げる他に、スキルを売って収益をあげることができるわけですね。

 

収益源は複数持っていたほうが良いに越したことはないです。

 

BASEはブログと相性よくてオススメ。

秒速では無理よ! 精神疾患者が経験を活かしてネットで稼ぐ方法

2016.08.01

 

考え方を切り替えてブログを楽しもう

ブロガー

PVがぁ!収益がぁ!

 

と言っているとどうしても疲れてしまう人もいるでしょうから、今回の考え方を応用して、気持ちを楽にしてください。

切羽詰まった記事もコンテンツとしては面白いかもしれませんが、常に切羽詰まっていては自分の個性が潰れてしまうかもしれません。

 

あなたがブログを始めようと思ったきっかけはなんでしょうか?

何かを世間に訴えかけたかったのではないのですか?

 

ブロガーを辞めるにはまだ早すぎるのではないでしょうか!