タイピングと音声入力はどっちが早いか? ブロガー視点でチェックしてみた

音声入力

どうも、ほっしーです。

最近こんな記事を読みました。

書きたいことたくさんあるけどタイピングが遅すぎてストレスが溜まってる人が多いって聞いたことがあります。

私はその人の気持ちがわからないのですが…音声入力って実際にどれぐらい便利なのか試してみたいなと思いました。

実際に試してみるとデメリットもいくつかあるもののこれは慣れると解消できるかもしれません。

正直って革命ですよw 音声入力はここまで進化してると思いませんでした。

 



思ったよりもすげー音声入力

スマホの音声入力と比較しても、Google ドキュメントの音声入力が一番いいのかなって言う感覚がしますね

スマホの音声入力はある程度喋ると途中で途切れてしまうのですが Google ドキュメントはずっと喋り続けても大丈夫っぽいです。

結構わーーーーっと喋っても、ちゃんと読み取ってくれるのでほんとすごい。

ただ句読点や改行などは、自分でしないといけないっぽいですね。

iPhone の音声入力の場合、点や丸といえば自然と句読点を打ってくれて便利だったんですけどね。

しかしそのデメリットを余裕で補うくらいの音声入力のしやすさは 、Google ドキュメントがあります。

Google ドキュメントとスマホの音声入力しか試したことないので分かりませんが、この二つであれば確実に Google ドキュメントの方を使うべきでしょう。

 

音声入力の問題点

1.そもそもタイピングのほうが早い

私の場合タイピングの方が早いです(笑)

喋りとは違うリズムがありますからね。

弟しゃべることはそんなに得意じゃないので、タイピングの方が自分の思いをはっきり伝えられるような気がします。

中学生時代からオンラインゲームをしていて、目上の人とタイピングでコミュニケーションを取っていたことに由来してるんじゃないかと考えています。

まあここは人によって違うでしょうね。

ブログになって初めてタイピングを始めたみたいな人は、音声入力の方が圧倒的に早いはずです。

 

2.タイピングと感覚が違いすぎる

音声入力は何だかんだ考えながら喋らないといけないので詰まったりするんですよね

そしてこれまでずっとタイピングでブログを書いてきたので、なんとなく体を覚えちゃってるんですよ。

しゃべり言葉と書き言葉は違っていますよね?

 

音声入力とタイピングもなんとなく違うんですよ。

私の場合音声入力の方がなんだかかしこまったような文章になるような気がします。

何ででしょうね…誰かに向かって書いているというより音声入力に向かって喋ってるという感覚になるからでしょうか?

自分で後で文章を読み返しても自分じゃないような気がしなく気持ち悪いですね。

ほっしー
つーか、ここまでの時点でだいぶ堅苦しくね? あ、この吹き出しはタイピングしてるよw

 

3.どうせ語りかけるなら、耳メディアやりてぇよ…w

どうせ声で収録するならそのまま声を発信したじゃないですかw

タイピングと声は分けてコンテンツ化した方がいいような気がするんですよね。

音声入力したところで最終的に文字になるわけですから、ユーザーから見れば一緒じゃないですか。

最近はVoicyなどが流行ってますよね。

voicy

ユーチューバーってどこがキラキラした印象があるんですが、ラジオの放送とかってちょっと親近感が湧くじゃないですか?

なぜインフルエンサーなどがちょくちょくVoicyやってるんですよ。

ブロガーで言うとたっけさんやイケハヤさんとか。

 

私もすぐにやりたいと思ったのですが、どうやらオーディション制のようで…。

今はオーディションを開催されていないので参加することができません。

まあインフルエンサーには声がかかってオーディションなしで参加してるっぽいような気もしますがw

  • ツイキャス
  • YouTube ライブ
  • ペリスコープ
などなど音声を配信しようと思えばいくらでも手段はあるのですが、Voicyの使い勝手がめちゃくちゃ良さそうなんですよね。

早くやってみたいな。

 

タイピングよりも話すほうが疲れる

前に出て喋る星野

動画って内向的な人が多いので人前で喋るよりもタイピングしてるほうが楽って人のが多いんじゃないでしょうかね

もちろん私もその一人で音声入力をし続けるって言うのはなかなか大変です。

ここまででだいたい2000字ぐらいなんですけど、すでに疲れてきてますw

 

ニュアンスはちょっと違いますが職業病的なとこでしょうかね…。

ツイキャスの30分とか私は相当きついですから。10分が限界ですかね。

音声入力も結局ブログを作るってなるとなんだかんだ考えて喋ってるので、20分30分ぐらいはかかるんですよ。

最初は楽ですげーなんていう感じですけど、結局タイピングの方が楽だなってなりますw

 

まとめ

  • 音声入力には慣れが必要
  • タイピングのほうが得意な人も多そう 特にブロガーなら
  • しゃべる得意な人は使うべき
ほっしーは相変わらずタイピングってことになりますかねぇ…。

ただ、体調が悪かったり、なんとなくだるくてベッドに入ってるときとかは音声入力最高。

下書きは音声入力的な使い方になる可能性は高いですな。

上手に組み合わせれば、音声入力は素晴らしい味方になってくれます。

 

関連記事

 

外に出るのは億劫だけど、いまの気持ちを誰かに聞いてほしい。

そんなときは「LINEトークCARE

約200人の専門家にLINEで24時間365日いつでもどこでも相談できるサービスです。

あなたの心に寄り添ってくれる、心強い味方がいますよ。

LINEでお悩み相談

LINE公式のお悩み相談サービス「トークCARE」を使ってみた!【初回10分無料】

2019年2月18日

こんな記事はどうですか?



音声入力

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。