双極性障害(躁うつ)の私が毎日ブログを書くたった1つの理由

こんにちは、ほっしーです。

皆さんごきげんいかがでしょうか。実は今日の朝起きた時からすごくどんよりしています。

なんの前触れもなくやってくるこの鬱には困ったものです。

 

自信をつけるため

うつで家にいるとできることは限られてきます。私の場合、実家ですから家事も両親に任せっきり。自分は何のためにここにいるのかと心は塞がってしまうばかり。それは私の好きなゲームでもなかなか埋めることはできません。

 

なので私はブログをしています。なぜ自信がつくのかというと、精神疾患を患っている方皆さんそうですが、基本的に社会復帰を目指しておられます。

それはもちろん経済的な理由が大きいでしょうが、どこかで私でも働けることがあるんじゃないか、社会の役に立てるんじゃないか、と思っておられると思います。私もそうです。

 

それらは、すべて自尊心を持ちたいという欲求からではないでしょうか。社会の役に立っているという感覚です。

どれも素晴らしい仕事なのに、人と比べて劣等感を感じるのもそのためではないかなと私は、考えます。

ブログを書くために行動が変わる

もちろん無理のない範囲でやってますが、毎日ブログを書くというのは大変です。

知識人でもなければ人生経験も少ない20代中盤の私です。とにかく情報収集をしなければなりません。

 

情報収集をするために色んな所にアンテナが立ちます。情報が集まると思わぬ点と点が線になり、心理的にも良い影響をあたえることがあります。もちろんその逆もありますが。

 

知識を得るというのも気持ちが良いものです。私は自信がつきます。自信がつくことでまたブログを書くモチベーションにもなりますね。

無理なくなにかを始めてみたい方は

一人で悩んでおられるのなら、SNSを始めることをおすすめします。
mixi、Facebook、Twitter、Google+などいろんなSNSがあります。コミュニティというグループがあって、同じ病気をもっている人と知り合うことができます。

 

例えば私は、コミュニティでいろんな情報に触れることで自分がどんな位置にいるのかや病気についてあまりにも無知であることを知りました。

自分をもっと知ろうとするきっかけにもなって良い場所となってます。ただ慰めて欲しいという理由でもいいと思います。

 

どんな形であれ一人で自分の世界に閉じこもるよりは確実にいいです。ブログを書いて人に見てもらっていいねしてもらったり、コメントを頂いたり、時々お叱りの言葉を頂いたり。

なんだか仕事と似てますよね。そうやって自尊心を満たすことで、社会との関係を感じています。

 

私は毎月10月中旬から11月は何もしたくなくなるんですが、今年はがんばれているほうだと思います。

それはなにより同じ中身を持つ仲間を見つけたりできたことが大きいと思います。

 

私達の病気はなかなか健常者には理解されないので、SNSの存在、ほんとに大きいですよ。

さいごに

とにかく一人で悩むことはやめましょう。理由はどうであれ人と関わることです。もちろん、無理のない範囲でやりましょう。

Twitterで一回つぶやく。Facebookにちょっと書き込む、誰かをいいねする。mixiでマイミクにコメントする。どれもあなたの自尊心を高める行動だと思います。

 

ネット上の人間関係は希薄だと言われることがありますが、希薄だからこそ我々のような精神的にきつい人にはいいかもしれません。はじめの一歩が踏み出しやすいですよ(*^^*)

もちろん、辞めることも自由です。人と関わることで傷ついてしまっては辛いですからね。

 

無理のない範囲で社会復帰を目指すなら、SNSやブログをはじめて見ることをおすすめ致します。

良かったら私をフォローしてみてください下にリンクを貼っておきます、コミュニティの案内もできますよ!

私の各SNSへのリンク