トヨタ・86は若者に買ってほしいけど若者には買えないスポーツカー

どうも、ほっしー(@hossy_FE_AP)です。

トヨタの86が新型を発表するというニュースが入ってきたので86について書きたいと思います。

ちなみに、新型86についてはレビューをしているのでどうぞ

参照:新型86、見た目以外ほとんど変わってない。THE!マイナーチェンジ

トヨタ・86

86とは?

IMG_0626

86は、走る楽しさを追及した「直感ハンドリングFR」のコンセプトを実現するために、小型・軽量・低重心・低慣性を特長として企画・開発された小型スポーツカーである。2012年2月2日に発表され、同年4月6日から全国で発売された。これによりトヨタブランドのスポーツカーは2007年7月のトヨタ・MR-Sの販売終了以来5年ぶりの復活となり、また新型スポーツカーの発売も1999年10月のMR-S以来13年ぶりとなる。販売についてはトヨタ全販売チャネル(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)での取り扱いとなるが、全国の各ディーラー(ただしネッツトヨタ東四国は除く)から選ばれた1店舗のみが「AREA 86」として展示車・試乗車を設置し、専門スタッフを常駐させる。

引用:Wikipedia

画像は旧型の86です。地元のカーディーラーで撮影させていただきました。

私が就職をしたら買おうか迷っていた一台です。

新型86と現行86の違い(見た目)

 

正面の変更が目立ちますね。口とあごひげのように見えるところがよりアグレッシブに、エッジに効いたデザインに変わっていることが見てお分かりいただけるかと思います。

 

相変わらず、横から見た時のシルエットが素敵すぎます。フロントが長くリアがキュッとしまっている。この感じがたまんないんですよね。

2ドアクーペという形です。一応これ、後ろにも座席があって、4人座れるんですよ。大人はキチキチですけどね(笑)

なぜ若者は買えないのか

520px-TRUENO_AE86

人気を博した、スプリンタートレノ(AE86)  引用:Wikipedia

実用的なモデルを考えると、現行の86でも300万前後の価格になります。新卒で入社した若者が、すぐに手を出せる価格とは思えません。

 

もちろん、不可能な金額ではありませんが、娯楽がたくさん増えて車の注目度が下がっている中、本気で若者に売る気があるとは思えない価格設定です。

 

実はこの車、過去にハチロクと呼ばれた名車をモチーフに作られている車なんです。なので、昔車好きだった人世代に買われているようです。当然ながら、若者よりも経済力がありますからね。

若者をターゲットにするなら

もっと小さく

86は3ナンバー枠の車です。要するに、あまり運転になれていない人からするとでかい車です。

トヨタヴィッツや軽自動車が運転しやすくてこの辺の車になると幅が大きくて怖いという方もいると思います。

 

86は、基本的には運転が苦手とされる女性でも運転しやすいスポーツカーなんですよ。その良さを損なわないためにも、5ナンバー枠に納めるべきですね。

先ほど登場した、ヴィッツや軽自動車は5ナンバー枠です。

200万円以下

価格は200万以下、できれば150万以下にするべきですね。そこまで落として初めて検討候補に入ると思います。あくまで候補に入るだけですが。

昔の車人気の時代ではないので、若い人は、移動の手段でしか考えてない人が多いです。

 

そんな人たちに振り向いてもらうには、軽自動車じゃちょっと物足りないから普通車にしよう。ヴィッツぐらいかな~?お?なにこれ!っていうな流れじゃないとダメだと思います。

最近、スポーツカー熱が復興し始めているという話もありますが、見た目や走りでユーザを引き付ける時代は終わっていると思います。

FFではないこと

形式の違いについては、画像をご覧ください。

スポーツカーと一部高級車を除くほとんどの車がFFです。

室内が広く保てるという利点があるので、現代の車には合っている方式なんです。

 

 

ただし、FFだと重量物が全て前に来ます。その点、FRの場合、重量配分に優れています。

これにより、ハンドルを切ったときに、スッと頭が入っていって意のままに操っている感じが手に伝わってきます。

よって、運転ってこんなに楽しいのか!と肌感覚で感じることができます。

 

 

私がそうであったように、若者に運転の楽しさを知ってもらうには、スポーツカーを運転してもらって、その楽しさを肌で感じてもらうにほかなりません。

もちろん、好き好きもありますが、ハマる人はハンドルを一度切っただけでその素晴らしさに魅了されると思います。

私が初めて魅了された車はトヨタ・アルテッツァというスポーツセダン(スポーツカーほどではない)でしたが、運転した次の日から、車なんてなに乗っても同じでしょ(笑)とは言わなくなりました。

引用:Wikipedia

トヨタ・アルテッツァ FRです。 引用:Wikipedia

まとめ

日本のスポーツカーはせっかく運転が楽しくても、若者が乗る機会が少ないのが残念です。

また、好きな人しか買わないだろうとディーラーも考えているようで、試乗車をあまり用意しません。

 

スポーツカーがもっと売れれば、価格も下がってくると思うんだけどなぁ……。

86に関する熱い動画

わかりやすいレビュー

まずはこの動画を見て、86とはなんぞや?中はどんな感じや?というのを知ってもらうのもいいかと思います。

プロが解説しているだけあって、わかりやすいですよ〜。

ガッツリドリフト

一応スポーツカーなので、ドリフトの映像はやっぱりあります(笑)

もちろん、公道でこんなことはできませんが、美しいフォルムをご堪能ください。

86に追われる86

86がドリフトで逃げながら、86のパトカーに追われるというパロディです(笑)

86のパトカーかっこいいなぁ。