私がツイキャスをやめようと思った3つの理由

どうも、ほっしー(@hossy_FE_AP)です。

ツイキャスの配信サービスの利用を辞めることにしました。

辞める理由

初見さんが来ない

ツイキャスを始めた理由の1つが、新しい人間関係をTwitterに呼び込みたいとの考えで始めました。

 

Twitterだと私のつぶやきやブログを見てくれた人たちがフォローして下さいます。それはそれでとてもありがたい話です。

 

ただし、新しい価値観を入れたいなと考えた時に、全く別の方向からの人間関係を築きたくなって、キャスを始めました。

 

ただ、思った以上に初見です!とコメントを残してくれる方がおらず、キャスを続ける意味が無いかなぁと正直思っていました。

身内ネタが増えすぎた

ツイキャスはTwitterに配信情報を通知することができるのですが、そのせいで、いや、そのおかげとも言えるのですが、フォロワーさんたちがいっぱい集まってきてくれます。

 

そうなると、どうしても身内ネタになってしまうんですね。身内ネタになると、そこにグループが存在するかのような空気ができてしまいます。

 

それはそれでもちろん、いいことだと思います。ただ、私の使い方には合っていないという話ですね。

話したいことがなくなってきた

なんだかんだ言っておきながら、話のネタがないよ…というのも関係しています(笑)私はいつも家にいるので、そんなに話すような出来事も起きません…。

 

昼何食べた、夜何食べた…なんていう話は私が芸能人でもない限り誰も興味ないと思いますからね。

今後のこと

文字ベースに集中

SNSや、ブログなどの文字ベースに集中しようと思います。日常の会話をするよりも生産的な活動だと思います。私は話すよりも書くほうが気が楽なので(笑)

 

ツイキャスはブログにつなげることもなかなか難しいプラットフォームでした。それはひとえに私の力不足もありますが、まだこの段階ではないと感じたこともあります。

余った時間は

ツイキャスを辞めて余った時間は何に当てるかというと、一番は読書の時間に当てることがいいでしょう。せっかく辞めて時間があくのに、ぼーっとしていちゃもったいないですよね。

 

また、体をゆっくり休める時間としてもいいかもしれません。最近、暇ができたらキャスをやるという流れだったので、あまり休憩した気になれなかったからです(笑)

まとめ

ツイキャスを辞める理由を書きました。何よりおもったより新しい出会いがない閉鎖的なコミュニティを築いてしまったから辞めるといったことですね。

 

コラボ枠を開かないで1人でしゃべる枠で人間関係を構築したほうがよかったかなぁと思いますね。新しいアカウントでも作ってこっそり配信しようかな…(笑)