冬季うつがきたか…?と感じたとき、うつ歴3年の私がとる行動6つ

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

私は毎年10月に入ると徐々に体調が下がってるんです。双極性障害と言われてますが、冬季うつ病も疑わしいところですね。

さて、記事執筆時は見事に10月なので、徐々に体調が落ちてきているわけです。

例年に比べるとずいぶんマシで、ちょっと生産性落ちてるかな…という程度ですが。

それでも、早め早めの対処を心がけるようにしてます。

これ以上自分を落とさないためにやってること

SNSはあえて見ない

私は主にTwitterとFacebookを仕事・プライベートで触ることが多いのですが、調子が悪いときに限って、自分にとって都合の悪い情報ばかり目に入ります(笑)

普段は何気なく見れる投稿内容でも、嫉妬の対象になったりして…。

友達
友達と◯◯してきた〜!うぇ〜〜〜いうぇ〜いい!!

と言った内容も、普段ならふーんという感じで流せますが、気持ちが落ち込んでいるとズーンとなってしまいます。

気持ちがマイナスなときは、ひとの幸福を素直に喜べない卑しい精神状態になっちゃうんだなぁこれが。

仕事の量を減らす

いつもより仕事の量を減らすことでプレッシャーを減らします。

…といってもこれに関しては上手くできてません。余計にやらなきゃやらなきゃという心持ちになりますね。

「頑張りすぎてない?しなきゃいけないことなんてほとんどないんだよ。」という記事を書きましたが、これは自分のために書いたのかも(笑)

普段は楽しんでできる仕事も、気持ちが落ち込みだすと「義務感」が増してきます。

義務感が強くなりすぎると、仕事をする事自体が嫌いになりそうなので、将来のことも考えると休むが吉ですね。

この点は、フリーランスでほんとよかったなぁ…。

仕事が在宅なので、時間と仕事量の調整は自分ですることができます。

手ぶらで散歩をする

手ぶら散歩オススメですよ。

散歩でもスマホを持ち歩く人が多いと思いますが、信号待ちしてるときにスマホ見ちゃいますよね。

で、さっきもいったように落ち込んでるときに限って悪い情報が目に入ってくるんですよ〜。

だからこそ、手ぶら散歩です。緊急用にバッグに忍ばせておく程度はありでしょうが(笑)

できるだけ手には持たないことですね。

心地いい風と、騒ぐ子どもたちの声と、ただそこに佇む自然を見ていると、

ほっしー
ま〜うん。ま〜いっか。

と思えちゃうのは不思議。

ちなみにポケモンGOにハマっている人は、治療として行う分にはありですね。

参考記事:うつの治療にポケモンGOを取り入れてみるとおもしろいかも

カメラだけ持って散歩することもあります。写真を撮ることも趣味なので!

カメラだけ持って散歩することもあります。写真を撮ることも趣味なので!

好きな音楽を聴きながらまたは動画を見ながらお風呂にゆっくり入る

とにかく自分の好きな世界に浸る。アロマが好きな人はアロマを炊いてもいいでしょう。

ま〜なんでも良い。とにかく自分が落ち着ける環境を作ることです。

私は防水のiPhone7Plusを持っているので、お風呂の中でYouTubeを見ることもあります。

YouTuberの動画とか結構見ますよ。ジャンルは違えど、同業者的な立ち位置でもあるので、どういったものがウケているのかチェックしてます。

…とちょっと仕事が入っちゃいました。そんなときは昔ハマってたゲームの実況動画とかみてます(笑)

水を飲んで深呼吸する

これ意外と効くんですよ。

水がスーッと入っていく感じと、身体から嫌なものを排出する感じ?をイメージするとちょっとだけスッキリ。

本当にどうしようもないときは全く効果がないのですが、そこまで調子が落ちてないときはこれが有効です!

一種の瞑想的なやつかもしれませんw でも、そこまで意識してやってはないですねぇ。

マインドフルネスは難しいですが、挑戦してみたいなぁとも思ってます。

簡単な瞑想を始める本としてはこれがいいんじゃないでしょうか。瞑想に対する敷居が下がると思いますよ!

とにかく寝る

ちょっと調子悪い〜ぐらいの程度で寝るのも全然OKなのですが、もう本当にどうしようもないときはこれしか手段がありません(笑)

寝れば解決するってもんでもないですが、嫌な気持ちを一時的に忘れることはできます。

悩んでも悩んでも、悩みは解決しませんし、そもそも何について悩んでいるのかもよくわかりません。それがうつ状態。

寝ただけで治ればそりゃお医者さんもいらないわけですが、起きたら調子良くなってるかもしれないという希望的観測のもと寝たりもします(笑)

ま、心が病んでいようが病んでいまいが、睡眠が嫌いっていう人はそういないと思うので、心も身体も回復しますよ。

下手にうつな気持ちと向き合おうとしないこと

うつ病で暗い気持ちになるのは明らかにただの病気なので、まともに取り合っても勝てません。

うつな気持ちを抑制する、忘れようとするのではなく、別の楽しいことで頭を埋めると割と簡単だなと研究の結果わかりました(笑)

気持ちが落ち込んできたらいつも以上に自分が心地よいと思える環境づくりを最優先にすることですね。

できればちょっと運動して、たっぷり寝る。ひたすら寝る。これに限るかなぁと。

なかなか気持ちが浮上してこないときに、これだけぐうたらしてるのに全然ダメだ…なんて思わないことも大事です。

インフルエンザにかかって寝っぱなしなのに、ぐうたらしてるっておかしいでしょ?

うつで気持ちが凹むのも立派な病気なので、浮上してくるまでひたっすら楽しいことやって贅沢に過ごしてひたっすら寝ましょう。