雑記ブログと特化ブログ、どっちを書くべきか?まずは雑記ブログから書くことをオススメします。

雑記ブログと特化ブログ、どっちで始めるのか迷っている方は多いと思います。

また、書いていくうちに特化したほうが良いのかな……なんていう悩みも出てくるでしょう。

最初は雑記ブログで始めるのが良いと思います。まずは続けて楽しむということが一番ですから。

特化に移行するか迷いだしたときは、自分の進むべき方向性に照らし合わせて考えてみましょう。

雑記ブログと特化ブログとは?

雑記ブログ

何でも系ブログです。私の書いてるブログが雑記ブログにあたりますね。

雑記ブログのメリット

  • なんでもかけるのでネタは尽きない
  • いつでも方向性をチェンジできる
  • うちは○○だからこれは書けないといったことがない

雑記ブログのデメリット

  • なんでもかけるので記事が薄くなりがち
  • なんでも書けるということは何を書いたら良いかわからなくなることもある
  • 特化ブログより収益化に時間がかかる

特化ブログ

何か1つの分野に特化しているブログです。

iPhone情報しかお届けしません!といったサイトがこれにあたりますね。

例:iPhoneMania

特化ブログのメリット

  • 内容が制限されているのである意味ではネタに困らない
  • 内容の深掘りができる
  • SEOに強く、雑記ブログより収益化が早い

特化ブログのデメリット

  • 特化する内容によっては超レッドオーシャン
  • 生半可な特化では勝てない
  • この分野ではダメかもと思ったときに方向転換ができない

すべて雑記ブログに集約するべき理由

何に特化しているのか最初はわからない

最初からここは誰にも負けない!という分野があればいきなり特化することも可能でしょう。

しかし、だれでもそうではありませんよね。

また、仮に特化する分野があったとしても、ブログを運営したことがない人であれば、最初は雑記ブログで練習する方がいいと思います。

書いてみていろいろと分かることってあるんですよ。特化する分野があったとしても、雑記ブログのほうが向いているという人もいますからね。

どこからチャンスが広がるかわからない

自分にとっての強みと市場のニーズが必ずしも合致しないんですよ。

自分が当たり前だと思っているところにニーズが潜んでいる可能性もあります。

だからこそ雑記ブログで好きなことつらつらと書いていくのです。

すると、求められているものがなんなのかというのが少しずつわかってくると思います。

サブブログも必要ない

そもそも何書いてるの?って話です。

私はこのブログを丸裸の状態で書いていますから、ここでは書けないことがありません。

わざわざサブブログを作る人は一体どういう気持で作っているのか全く理解できない……。

彼ら彼女らなりの信念はきっとあるのでしょうけど、ある意味メインでは自分を隠しているということになりますよね。

ブログをどう使っていきたいかで変わってくる

私の場合ブログを使ってやりたいことは以下のことです。

 

  • 双極性障害という病をもっと広めたい
  • 精神疾患者の新しい形の雇用を作りたい

 

精神疾患者というと、どこかタブー視されているので、まずはそこを打ち破っていかねばなりません。

あえてまずは精神疾患者の常識を打ち破ってみました。

 

  • 双極性障害なのに毎日ブログ更新でポジティブ
  • 双極性障害で偏見を受けそうなのに顔出し名前出し

 

あの人、双極性障害っていう精神疾患なのに顔出し本名じゃん。バカじゃないの?

 

という注目から、双極性障害のことを知ってもらえるかもと考えました。

双極性障害だけを売っていくと、あまりにタブー感が強く受け入れづらいところがあると思うので、当事者の情報をセットでさらけ出すことでよりリアルティのあるものにしています。

2つの目標を達成するには、「個」が強くないとダメ

病を広げるということは私自身が有名になれば早い話です。

新しい形の雇用となると、周囲の人達の協力が必要になるでしょう。

いずれにしても「個」として立つ必要がありますね。

「個」を育てるために、ブログを一本化しています。まずは影響力の強化。

まずは雑記ブログではじめましょう

とりあえず続かなければ意味がないのです何事も。

私もまだ10ヶ月目のペーペーです。これまで述べてきた「ブログでやりたいこと」に関しても後付ですよ。

最初は、双極性障害のブログ書いてる人少ないんじゃね?目立てるんじゃね?ぐらいの下心ではじめてますからw

いまあなたが書いていて「楽しい」ならその気持ちを大切にして、自分の意見を率直に書き続けてください。

書き続けていくと自分が進むべき道も見えてくるはずですよ。