「うつ病は甘え」じゃない!でも患者本人は「甘え」だと思っています。

双極性障害(躁うつ病)となって、うつ状態が続いていたとき、生きる気力を完全に失っていました。

参照:双極性障害(躁うつ病)とうつ病の違いを知っていますか?症状や治療法が全く違います。

ひどいときは、食事すらもめんどくさくて、とりあえず水だけ飲んでいるという完全に廃人の状態。

ベットから見上げた天井は何も変わらないはずなのに、本来そこには見えないものが見えてしまったり、上司からの叱責の声が耳から聞こえてくる。

最初はそれに怯えながら布団にくるまっていましたが、次第にその「恐怖」を感じることすらもめんどくさくなってきました。

すぐ真横にあるテレビの音は大きいはずなのにどんどん遠くなってゆく。

時間の感覚すらなくなってゆく。

あれ?俺って何のために生きてるんだっけ?

そんな風に考えてしまうようになった時期に、強制的に実家に送り返してくれた会社には感謝しています。

病気だとわかっていても

ここが不思議なところです。

「あなたは病気です」と医師に告げられ「今日から休め、仕事のことは気にするな」と上司は言ってくれました。

それをわかっていながらも、事実を受け入れられずにどうして自分はこんなに甘えているんだろう?

と自分を責め続けます。

それが病気にとって悪いことであると分かっているはずなのに。

会社が悪い!社会が悪い!俺は可哀想だ!

なんて思えれば、もう少し回復が早かったのかもしれません。

思い出せない

当時、危険な思考をしていたという記憶はあります。

ただ、具体的にどういう感情だったのかというのは思い出せないのです。

せっかくブログを書いているというのに、真っ黒なあの鉛のような感情を言語化できないのは非常に残念。

ふだんの何十倍も重力がかかって、身体も頭も脳みそも内臓も、更には思考までひどく重たくなって動けない感じです

引用:https://hr-diary.com/think/mental-health/verbalization

うつ状態を経験したことがある方は、この表現がしっくりくるのかもしれません。

しかし、一般の方にこれを理解しろというのは難しいのかも……。

これに加えて、ずっと金縛り状態にあるようなイメージです

とにかく、表現がおおげさになっちゃうんですよ。

すべてが空虚で、すべてが嘘に見えて、すべてが悪く見えて、とにかくもう嫌だ。みたいな(笑)

甘えなんて言われなくてもわかってます。

うつは甘えだと言われることも、病気だから甘えじゃないことも、当事者はわかってます。

ただ、自分を責めています。もう全て自分が悪いと思うんです。

だからこれ以上追い詰める必要もないでしょう。

もしいま、知り合いにうつ病がいて、その人のことを甘えだと思っているなら、もう放っておいてあげてください。

充分に自分で自分を痛めつけていますよ。

「うつはただの甘え」とバカにすると、自分がうつになったとき大変ですよ。

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?