どうも、ほっしーです。

はぁ…僕なんてほんとなにもできないし、どうしようもない人間なんだ…

そんなことは絶対にないわけですけど、うつ病になって視野が狭くなると、ネガティブ思考に絡め取られてそうなっちゃうんですよね。

しかも、うつで家にいると自信がつくようなイベントなんて起こんないじゃないですか(笑)

じゃあどうします?

ほっしー
自分で起こすしかない…!! でも外出るのだるいからできれば家で(笑)

わたしは今回が紹介するツールを使うことで、自己肯定感が高まって自信回復につながりました。

自信がなくてもうなにもしたくない…と、落ち込んでいるあなたにこそ試してほしい。

 

 

人は何もしないと自動的にネガティブになっていく

人間もかつては動物と同じようにサバンナに暮らし、弱肉強食の世界で生きてきました。

安心して眠るなんてとんでもない! いつ、敵が襲ってくるか分からない!

そんな状態で暮せばだれだってネガティブになりますよね(笑)

わたしたちの脳は、その時代から進化してないそうですよ。

つまり、「基本ネガティブ」。 これはもはや生存戦略なのでしゃーなしです。

でもだからといってネガティブをほったらかしておくと、ただでさえきっついのに、うつ病のひとはどんどん悪くなっちゃいますよね。

薬によって症状を抑えることにプラスして、ネガティブをやっつけないといけないわけです。

 

私が使って自信がついたツール3選

8568通りから自分の強みだけを5つ教えてくれる(無料!)

リクナビネクスト

引用:リクナビNEXT

リクナビネクストのグッドポイント診断は、無料で8568通りの中から5つ「強みだけ」をあなたに教えてくれます。

ほっしー
え?弱み?そんなものは知る必要はない!

自身をつけるためですから! 弱みなんて邪魔ですよね!w

 

 

登録のやり方がよくわからない?

こっちで詳しく説明してるよ!⇛ 20分で人生変えてみない?8568通りから自分の強みを「無料」で知っちゃおう

 

読者さんもこれよかったと言ってくれています。

さらに面白いのは、このデータを有効活用して転職活動が楽になるってとこ!

リクナビネクストから引用

引用:リクナビNEXT

うつになって自信がなくなっていると、ついつい悲観的に自分を見てしまいますよね。

でもきっと、あなたの気づいていないあなたの素晴らしいポイントはたくさんある。

グッドポイント診断はあなたの気づいていない「強み」までまでしっかり拾ってくれます。

そしてスカウト機能と連携させれば、あなたにマッチングした転職活動も可能になるってわけ。

いや〜時代は進化しましたな…待ってりゃオファーが来るなんて…。

 

幸せになる方法を科学的に解説してくれる本

13の習慣
  • ポジティブ思考…試したけど疲れた
  • 自己啓発書って心が健康な人が読むものでしょ?
  • 成功者の自慢ばっかりで自己啓発書嫌い
私も自己啓発書のポジティブ思考に心を痛めたうつ病人の1人です(笑)

ただ、そもそも人間がずっとポジティブでいるのって不可能なんですよね。

この本は、自己啓発的な考え方ではあるんですが、「科学的に解明」しているので、体育会系な感じがありません。

 

 

購入ページ見て怪しいと思いましたか?w

本の中身はいたって真面目ですよ!w

下記記事で中身の写真とか掲載しているんで、よかったら参考にしてください。

あなたのネガティブな考え方が消えない理由を科学的に解説する

 

ストレングスファインダー

認知特性は向いている仕事…的な感じですが、こっちはもっと人間的な強みを知ることができます。

一見弱み? と思えることも、実は才能であるとこの本が教えてくれるので自信がつきますよ〜!

星野の強みTOP5

  • 内省
  • 最上志向
  • 収集心
  • 戦略性
  • 学習欲

引用:弱みは才能!? 成功者を徹底的に分析して作った強み診断の本がガチ過ぎてヤバい。 | 双極性男子のあたまのなか

 

さいごに:自分の「強み」を知ることで心は少し強くなった

誰だってもともとネガティブ。

ポジティブな考えを頭に強制インストールしようとしたところで、自分のことを信じられないんだったらそりゃ苦しくなります。

でも、診断ツールという形で「明確に」示されると少しは自分のことを信じてやろうって思えるんですよ。

この「少しは」を積み重ねていくことで、「確実な自信」へとつなげていくんです。

誰になんと言われようといいんですよ。うつ病だって関係ねぇ! あなたにはあなたにしかない才能がきっとある。

今回紹介した3つのツールをやってみたら少しは自信つくはずです。

無料のものだったらスマホでもできるのでやってみてはいかがでしょうか?

少しでもやってみようかな? と思ったときにやってみましょう。

その「少しのやる気」できっと変われる。