うつ病で仕事が続かないのは、無理に合わない環境を選んでいるからでは?

どうも、うつ病ブロガーのほっしーです。

うつを治療していると、最終的なゴールが社会復帰になりますよね?

でもどうです?相当厳しい道だと感じてませんか?

 

私はうつ病になってから、組織で働くことに限界を感じてました。

なにしろ自分がうつ病になった場所に戻るわけですから、いつまた再発するか分からない怖さがありますよね。

うつ病は再発率の高い病気だといいますし、

ほっしー

いつまた闇が自分を包み込むかわからない状態で、仕事なんてとても…。

まるで自分が無能になったかのような感じがありますが、環境が変わるだけでうまくいくってことあるんですよ。


 




働きたい気持ちはあるけど、環境が合わない問題

ほっしー
ほっしーはあまり人と関わらない仕事をしているから、生産性が高いよ。

メンタルをやられると、とにかくクセになるんですよ。

とにかく再発率の高い病気だということは、研究でもわかってるんですよね〜。

私もうつを2回再発して、断薬して3回目の再発を経験しているので、一生モノかなと思ってますw

大切なことは、持病として捉えつつも自分のストレスをコントロールしていくことですね。

当ブログタイトルでもある、メンタルハックを大切にしていくことが大事。

 

「うつ病でもネットで稼ぐ」活動をしているひとたち

#うつだけど稼ぐ については批判もあるようですが、私は個人的に応援してます。

1つの選択肢として、成功事例として、うつ病の人がなにかをやるってのは希望になりますからね。

うちのサロンメンバーにも、うつ持ちだけどSNSとブログを上手に使ってお金を稼ごうと奮闘している方もいます。

 

まさに、サラリーマン的な働き方は合わないけど、個人の力で稼ぐ仕事なら楽しいって典型例ですよね。

うつでも楽しそうに活動しているのを見ると、自分も頑張ろうって気になります。

ほっしー
こういう人たち、自分以外に居なかったから本当に嬉しい…

私もできるだけ優先的にお仕事を回して、貢献しますよ〜!

 

メンタル疾患持ちにとっての良い職場環境は、国や企業には期待できない…?

仕事を任せてきた私だから分かることでもありますが、企業の言ってる「障害特性に合わせよう」じゃ足りないんですよ。

同じうつ病でも、人は千差万別。そもそもうつ病と思ってたけど発達障害の二次障害でしたみたいなパターンもあるわけで。

企業には、マニュアル対応ではなく、フルオーダーメイド対応が求められます。

ほっしー
今の企業に、そんな余裕はあるのだろうか…

障害者雇用もいいと思いますが、一生働き続けるにはちょっと心もとないですよね。

楽しく生きるためにも、無理なく稼ぐためにも、個人として力をつけることが長期的に見て有利だと私は考えてます。

 

環境

ほっしー(星野 良輔)福岡県在住。

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

現在は認定心理士資格を取得するため、放送大学で猛勉強中。

著書:「うつを治すために努力してきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

詳細プロフィールはこちら

Voicyでラジオ放送してます

LINE@もやってるよ

元気になれるInstagramはこちら