甘えにしか見えない? 非定型うつ病の気分反応性とは?

10人に8人は_001

どうも、非定型うつ病の可能性が最も高いと言われているほっしーです。

非定型うつ病は、普通のうつ病よりも圧倒的に甘えに見えます。

ほっしー
ぶっちゃけ、他の同じ病気の患者さん見てもそう見えちゃうレベルにね!w

なぜかってと、これまでのうつ病には見られないと言われていた気分反応性が非定型うつ病にはあるからなんですよ。

この気分反応性とはなにか? について解説していきます。

 



気分反応性:好きなことは元気! 嫌いなことはうつ…(笑)

非定型うつ病像の特徴診断する大前提が気分反応性が存在することです。

気分反応性とは、自分に好ましい出来事があると、うつ気分が明るくなったり、消失することを言います。

引用:気まぐれ「うつ」病―誤解される非定型うつ病 (ちくま新書)

つまり、こういうこと。

  • 好きなことしてるときは元気
  • 嫌いなことをするとうつになる
ほっしー
ね、甘えにしか見えんやろ…w

この気分反応性、私の場合は結構激しく出ましてね。

今は好きな仕事をしているので、ほぼ健常人と同じメンタリティです。

が! 「うちで働いてみませんか?」と声をかけられたことがあって、仕事と思って電車に乗ると、相当体調悪くなりました(笑)

好きな仕事を選ぶのは、仕方なかったんですよ。気分反応性があるからね。

他にもこういう出来事で元気づけられるそうです

誰かに元気付けられたり、褒められたり、親しい友人が恋人とあったり、欲しかったものが手に入ったり、服別に好きなテレビ番組は音楽、好みの本が楽しめた時に健康な時の気分を半分以上取り戻せる状況を言います。

引用:気まぐれ「うつ」病―誤解される非定型うつ病 (ちくま新書)

でもこのタイプのうつ病、増えてるんですって。

しかし、大うつ病の人の80%以上に気分反応性が認められたという最近の研究報告もありますので、気分反応性があるうつ病の一部が非定型うつ病の可能性があるということです。

引用:気まぐれ「うつ」病―誤解される非定型うつ病 (ちくま新書)

気分反応性も程度があるんでしょうけど、8割ですよ8割。

非定型うつ病は現代うつ病なんて揶揄されたりしてますけど、まぁこれもある意味正しいんですよね。

なにせ、本当の意味で現代的なうつ病ですから。

非定型うつ病が蔓延しているのには、社会や教育環境の変化に原因があるといっている医師もいます。

まぁ答えとしては、理不尽レベルが下がって弱い人が増えたって書いてました。

ほっしー
うはぁ…根性論…

 

好きなことはできる、嫌いなことはできないは甘えではない。

気分反応性があるせいで、普通のうつ病よりも甘えに見えやすいことがわかったかと思います。

患者としては、理解されることはまぁ…かなり厳しいと思うので、自分の好きなことやって気分上げてくしかないかな〜って感じですかねぇ。

でも、気分反応性が超絶甘えに見えるポイントでありながら本人のコントロール下にないので甘えではないのですってとこは強く言いたいですね。

関連記事

 

外に出るのは億劫だけど、いまの気持ちを誰かに聞いてほしい。

そんなときは「LINEトークCARE

約200人の専門家にLINEで24時間365日いつでもどこでも相談できるサービスです。

あなたの心に寄り添ってくれる、心強い味方がいますよ。

LINEでお悩み相談

LINE公式のお悩み相談サービス「トークCARE」を使ってみた!【初回10分無料】

2019年2月18日

こんな記事はどうですか?



10人に8人は_001

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。