元プログラマーから見たProgateの評価。超初心者向けだね!

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

オンラインでプログラミングを学習できるものが増えてきたようで、元プログラマーとしては嬉しい限り。

IT業界の闇、SIerに履いったら人生詰むけど、プログラミング自体は楽しいものです。

 

私もやっと、プログラミングの文字が普通に見えるようになってきました。

心やられちゃって、これまではプログラミング言語が踊って見えてましたからね。

code-1084923_960_720.png

こんな感じに見えてました

参考記事:こうしてぼくは双極性障害となり、働けなくなった

 

んで、Progateなるサービスが巷ではやってるんですよ。

オンラインでかつ無料で学べると行ったらドットインストールですが、Progateどんなもんだろ?と思って使ってみました。

 

 

Progateどんなもんよ

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

画面構成素晴らしいよ

これ、なかなかすげーなというのが正直な感想。

最終的にどう表示されれば正解なのかが見れることによって、詰まったときでもどこが詰まっているか初心者にもわかりやすいですね。

 

ちなみに、最終的にどう表示されるかが示されたら答えわかるんじゃね?と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫。

実際に書いてみればわかりますが、「こう表示させるにはどう書けばいいんだ…?」ということに頭を捻らせるのがプログラミングです(笑)

 

Rubyをとりあえず触ってみたいならProgateがいい

ドットインストールもまぁわかりやすいですが、動画を見ないといけないだるさを考えたらスライドのProgateのほうが早く済みますし、見たいところにすぐアクセスできます。

あと、Progateはエディタもいいですしね。エディタというかもはや開発環境です。

上級者がちょっと復習したいというときも、ぱぱっと触れるのは大きな利点だと思います。

 

Rubyは、簡単で楽しくプログラミングできるところに特徴があるのですが、全くの独学でやろうとすると、開発環境の構築で躓く人がいます。

まぁRubyに限った話ではありませんが、開発環境の準備ではぁん?ってなっちゃったら萎えますからね。

 

本格的にプログラミングを学びたいならProgateは物足りない

例えばオブジェクト指向とか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-12-58-30 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-12-58-18

いや、とはいえ…ですよ。よくやってくれてるなぁと思います。

プログラミングかじったことがある人なら、これでもかなりわかりやすく書いてる方なんじゃないかなぁと思えるのではないでしょうか。

 

クラスの設計、インスタンスの生成、インスタンスメソッドの実行。

これらはオブジェクト指向の基本中の基本操作です。

どういう概念なのか? 理解することのほうが大事なんですけど、この基本操作ですら覚えられないという人を専門学校でも、就職先の研修中でも多々見てきました。

 

Progateの説明は良いんですけど、やっぱり演習量足りないよね。

何度も作って何度もエラー吐き出させてやっと使い方覚えるって感じなんですよ。

if文とかfor文みたいに何回か書いたら覚えるというのとはまたちょっとわけが違います。

ifもforも最初はわけわかんないと思いますがw

 

RubyとRailsだけではなくGitHubやHeroku、SQLも習いたい

ウェブアプリケーションはの雛形はRailsとRubyでできますが、実際に仕事としてチームで作る場合はもっとたくさんの技術が必要になります。

バージョン管理のGitHubだったり、本番環境にデプロイするためのHeroku、データベースのSQLなどなど…

独学でもできますが、まぁ頭痛くなるので、お金出してサクッと習ったほうがいいかもしれません。

 

量産型エンジニアにはなるな! と記事にも書いていますが、テックアカデミーのようなオンラインで勉強できるシステムが面白いですよ。

無料体験もできるので、体験だけやってみるといいです。

実際に潜入取材してきたので、興味のある方は下記記事を読んでみてください。

もっと専門的に勉強するならテックアカデミーだな! まずは無料体験してみたらどう?

 

プログラマーは仕事をしながら学ぶのもあり。

実際、現場に入ってみたらこれまでの知識をベースに新しいことをどんどん吸収しながら成果を出していきます。

フリーランス向けならレバテックがオススメ!

 

スマホからできればもっといいね

これはできなくてもよいのですが、個人的要望(笑)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-13-13-03-19

スマホの画面。めっちゃ縦長。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-13-13-03-30

書こうとすると超拡大してわかりにくい

 

いやいやwコード打ち込むのをスマホでするなよww

と突っ込まれてしまいそうですが、Progateは親切で、変数やら出力文字列は全てこれを使ってねって書いてあるんですよ。

だったらコピペでいいじゃんって話なので、スマホでもイケます。

ただ、スマホ用には設計されてないようですね。

 

Progateは超初心者向けのプログラミング学習サイトだ

こんな人におすすめ

  • プログラミングって興味あるけど、何したら良いかさっぱりわかんない。
  • 昔触ったことあるけど、難しすぎて辞めた…。
  • 基本中の基本だけでもいいからサラッと学習したい

と言ったように、超初心者向けの学習サイトになってます。

本格的に勉強をする前にサラッと全体を学習しておきたいというひとにもオススメできますね。

ただ、Progateだけでエンジニアデビューはできないと思ったほうが良いです。Progateと合わせて独学頑張るなら行けると思いますが…。

先ほどもちょっと紹介したように、本格的にやるなら専門家のもとで学んだほうがいいですねぇ。

もっと専門的に勉強するならテックアカデミーだな! まずは無料体験してみたらどう?

 

男性
俺の実力をナメてるんですか?

そんな秀才なあなたには、フリーランス案件を自らゲットしにいきましょう。

レバテックは、ネットに垂れ流しの案件と違って、しっかりとサポートしてくれるのが特徴。

しっかりと面談してくれて、あなたのエンジニアとしての強みを最大限にアピールする手伝いをしてくれますよ。

 

番外編

Rubyをプログラミングの入り口にすることについて

というわけで、どこにゴールを持ってくるかでずいぶん変わってくると思います。

就職したい! とか、エンジニアとして独立してやっていきたい! というのであればJavaは触っておいたほうが良いです。

もちろん、言語は関係ありません。大事なのはアルゴリズムですから。

とはいえ、CやJavaといった、今の人気言語たちの元になった言語は触っておくと、高度なエラーが出たときに対応できます。

 

ポイント

  • 楽しさだけを求めるならRubyのみでもOK
  • 仕事として考えるなら多言語も触っておこう