自分の強み、弱み、天職がわかる16の性格診断テストをやってみた

私は感情で動くより論理で動くタイプだと自分では思っていて、あなたは○○ですね! と、直接言われるのは嫌いです。

うつ病になったくせに、カウンセリングが嫌いなのもおそらくここから来ているのかと…。

 

でも、本やネットに載ってる性格診断テストを受けてみたりってのは好きだったりするんですよw

ほっしー

なんでだろう? 対人じゃないから嫌味を感じないからかな?

ということで、こんな本を手に取りました。

IMG 6986

簡単な質問に答えるだけで、16の性格に分類してくれます。

テストは直感で答える二択なので、2分もかからずに終わっちゃいますよ。

天職だけじゃなく、自分の強み、改善点まで教えてくれる本の紹介です〜!

 

 

「あなたの天職がわかる16の性格」の良いところ

16タイプにわけられるの性格診断テスト

IMG 6989

こんな感じのどっちのタイプ? 的な質問が4つあります。

画像では、Eか?Iか? Sか?Nか? って最後に書いてありますよね。

チェックが多くついた方の型になるってことです。

例えば私の診断結果では「ENTJ型」となりました。

 

長所と改善点を教えてくれるから、自信がつく

私の判定結果のENTJ型では…

長所

  • リーダー向き
  • 知的好奇心をくすぐられるものに挑戦できる
  • 長期的な戦略を立てることが得意
などの長所が挙げられている一方で
改善点

  • あわてて決断をくだす傾向があるので気をつける
  • 攻撃的で押しの強い人間に見えることがあるので気をつけよう
  • 人の話を聞く技術を身につけよう
といった、「う…そうですよね…w」と、思わされる内容もありますw

ところで、悔しいかな。ピッタリ当ててきやがってます。

すべての人に当てはまるわけじゃないだろうけど、16分の1でピッタリ当てられたと思ったら悔しいなぁなんだか。

 

ただ、人に欠点を指摘されるよりも、文書で冷静に指摘される方が腹が立たなくていいですねぇw

心理カウンセラーにあなたって○○なところがありますよね? なんて言われると、お前に何がわかるんだよ💢 って気分になりますからw

 

しかも、この診断テストは、しっかり歴史があるみたいです。

本の中でこんな記述がありました。

「性格タイプ」という考え方は、スイスの心理学者カール・ユングの考え方を基盤に、のちにふたりのアメリカ人、キャサリン・ブリッグズと彼女の娘、イザベル・ブリッグズがうちたてたものだ。

本書で活用されている「性格タイプ判別法」は、『フォーチューン』誌が選ぶアメリカの優良企業500社の多くで活用されている。

ほっしー
いやぁ、説得力ありますなぁ(笑)

 

人生、仕事、恋愛。 何事においても自分とは何者なのか?を知っておく必要がある

どんな分野でも、自分を知っている人は強いです。

うつ病の治療だって、自分とは何者で、できること、できないことを切り分ける作業がとっても大事になってくるんですよ。

精神疾患はある意味、心の生活習慣病的なところもありますから。

仕事も恋愛も、自分が何者で、どんな強みがあるのかしっかりアピールできないと相手にされないのは当たり前ですよね。

男性
御社で働いて、社会貢献がしたいんです!
男性
私の○○の経験と○○の強みが、御社ではこのように活かせます。

あなたが面接官なら、どっちを取りたいかは明確ですよね。

 

ちなみに、自分の強みは何か?については、無料で8000通りの強み診断ができるサイトがあります。

やってみたい方は以下の記事に詳しく書いてるのでどぞ!

短所ばかり見ているとうつが悪化したので、長所を見ることにした

 

自分の強みを知っているのと知らないのとでは、人生の質が変わってきます。

何に向いているかわかれば、モチベーションも上がりますからね。

自己肯定感は自分の良いところ、悪いところ含めて受け入れることから始まると言われています。

でも、何が強みで何が弱みなのか知らないと、スタート地点にも立てませんよね?