自動洗浄機はいらんぞ。電動シェーバーの選び方! 【1日1回ヒゲを剃れば十分なヒト向け】

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

ヒゲ剃り選びに苦労しています。

肌の弱い人はPHILIPSが良いと聞いていたので、ビビってそれを使ってましたw

なんとなく剃り味はT字より悪いのけど、まあこれは仕方ないかなと思ってた。

 

でも、ある日、親父が私にこういった。

親父
PHILIPSはそれんやろ? それでも時間かからん? ちとこれ試してみ。

BROWNの3枚刃を私に渡してきました。これがもう驚き。

多くても3ストロークで決まる。PHILIPSで何ストロークしても届かない深ぞりも実現できた。

 

ここで何が問題になってくるかと言うと、深ぞりしたことによる肌のヒリヒリ感。

驚いたことに、PHILIPSの方がヒリヒリする。むしろBROWNはヒリつかないことがわかった。

私は少しでもヒゲが残ってると嫌な人間なので、肌に優しいそり味のPHILIPSを押し当てているのかもしれません。

BROWNはその点、2ストローク(しかも優しく)で完了するからかえって皮膚を痛めないのかも…?

ということで、PHILIPS以外のメーカーに乗り換えるべく、調査を開始しました。

 

 

往復式の電気シェーバーに乗り換えよう

回転式のPHILIPSは私にとってソリ味がなさすぎてダメダメだったので、往復式のBROWNかパナソニックにするか。

この2択となりました。

 

往復式と回転式

こちらは往復式、上下に動かして剃るので、カミソリと使い方はほとんど同じです。

img_0268

往復式

 

img_0272

回転式

こちらは回転式。刃が360度回転するので、それに合わせてくるくると回しながら剃ります。

最も肌に優しいタイプ。

 

冒頭で少し触れましたが、回転式のPHILIPSは私にとって全くダメでした。

 

 

お風呂で剃れるので衛生的ではあるんですが…何度も何度もストロークしないといけないので、1ストロークの肌の痛めつけは少なくても、回数が多くなって結果としてボロボロになっちゃうという感じ。

なんだか本末転倒だ…(笑)

 

私のように、もうめっちゃくちゃ鏡見ながら髭が目立たないようにそりたい!! というほどでなければ、PHILIPSでも十分かもしれません。

不潔には見えない程度のヒゲの残りを許容できるかどうかですね……。

 

パナソニックかBROWNか

もともとヒゲが薄い方のでパナソニックでいいかな

調べていると、BROWNは超深剃り! パナソニックはバランスのとれた機種だと書いてありました。

国産メーカーだと、日本人の特性などわかって作っている可能性が高いので、良さそうな感じがしますよね。

もともとヒゲ薄い方だし…いいかなと。

そして、BROWNは動作音がうるさいんですよ。(メーカー別動作音比較もこのあと載せてます! )

私にとっては動作音はそれほど重要ではありませんが、静かな方がいいに越したことはない。

とはいえそれでも、BROWNはうるさいですねw

 

ヒゲの薄さ

朝起きて深そりすれば、2日ぐらいはほたっておいても外に出れるかなという感じです。

青ひげなんかもないので、薄いほうなのかなぁという判断です。

 

ランニングコスト面からしても、パナソニックが良い!

どうしても、替え刃はしないといけないのですが、パナソニックはとにかく替え刃の値段が安い。

私が購入しようとしているクラスでは、1000円以上Panasonicにもののほうが替刃の値段が安かったですね。

ヒゲ剃りの洗浄液の値段も安いことから、良心的な感じがしますよね。

洗浄液に関しては、BROWNとパナソニックで2倍以上ランニングコストの違いがでているデータも有りました。

洗浄液はこれからも安くなっていく可能性はありますが、現時点ではPanasonicに軍配が上がりますな〜。

 

まあ日本人なので日本メーカー応援したい

5%ぐらいはこういう気持ちあります(笑)

日本の家電はSamsungをはじめに海外勢に追いやられている状況なので、頑張って欲しいw

日本製だから高品質とも言えなくなってきたのかもしれませんが、例えばダイソンなんか使うと、日本メーカーの細やかな気配りに気付かされますよ。

 

ほっしー
えっ! これだけ金出したのに、ここ雑だなあ……

 

といったことが、海外製品ではよく見られます。

日本製品の場合、プラスチッキーで質が落ちているように見えても、機能的な面に不満を覚えることはありません。

 

ちなみにダイソンの場合、ダストボックスの開閉がかなり難しいこと、掃除機のヘッドを取るのが超力いること。などがありました。

今は改善されてるかもしれませんがw

 

自動洗浄機の有無

http://amzn.to/2dzzPyP

引用:Amazon

ヒゲ剃りのシェーバーに詳しい人、知り合いにいたっけなぁ?

と思ったのですが、灯台下暗しとはまさにこのことで、長年、敏感肌+剛毛に苦しんでいた父がいました。

父曰く、自動洗浄機は必要なしとのこと。

まー私の使用頻度を考えても、あまりつかうとは思えない…。

それに、自動洗浄機になるだけで価格は値上がりすぎてちょっと凹みます。

 

ヒゲ剃りを選ぶなら使用頻度を考えよう

時間のないサラリーマンの方は、自動洗浄機があったほうが良いかも。

私のように、フリーランスで外に出る時間を自分で決めることができるひとの場合、シェーバー掃除の時間はとれると思うので、必要ないでしょうね。

 

お風呂シェーブについて

img_0273

中には、防水モデルもありまして。

そちらならお風呂で使えます。つまり、使い終わってからすぐに洗面器等で掃除ができる…と。

お風呂で温まって毛穴の開いた肌にシェービングクリームを塗ってヒゲを剃れば、ほとんど肌を傷めることはありません。

 

敏感肌の方や、がっつり深ぞりしたい人にはいいかも。

そして何より掃除とかダッル! と思っている方が、お風呂だとついでにできるから楽。

Amazonの人気ランキングを見ても、お風呂剃り対応のものが人気なのも頷けますね。

 

父のシェーバーを借りて試してみた

img_0254

 

私が使ったところ、これから紹介する3機種にそり味の違いはありませんでした。

実際に肌に当ててみないとわからないこともあるそうです。

「BROWNは深剃りだけど肌が痛む」が定説ですが、父は「BROWNが一番優しい」と言ってたので、人によって相性があるのかも。

 

Panasonic ES-ST29

 

この機種で一番優れているなと思ったのは充電のやり方です。

img_0258

銀色の突起物が充電する場所です

何より見た目もかっこいい。ちょっとインテリアになったりもするかも。

充電なんてどうでもいいやって思っているタイプですが、これはこれで魅力的なポイントですよね〜

81ya0bkjqdl-_sl1500_

引用:Amazon

 

ヘッドが全く動かないので、カミソリ・シェーバーと言われているそうです。

うーん、ヘッドは動いたほうがいいよなぁ。

 

Panasonic ES-ST8N

 

img_0250

先ほどの上位版+最新機種といった位置づけ。

これが最も素晴らしいな〜と思いました。

ヘッドも左右に動くのでちょっとだけ柔軟に対応できそう。

何より見た目がスタイリッシュになっていてかっこいいですよね。

 

BROWN 5030s

 

これといって特に特徴を感じなかった製品です。

私のヒゲの薄さも関係してか、深そりに関してもPanasonicと大差ありません。

ただ…1点だけとても気になるところが

音がうるさい

動画を見てもらえればわかるかと思いますが、BROWNはとにかくうるさいですww

PHILIPSは音に関しては優れていますね。とっても静か。間にPanasonicという立ち位置です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-20-19-42

父のシェーバーは超えなくてはならない

3枚刃で十分。洗浄機はいらない。私はドライだけでも良い、風呂シェービングはなくてもよし。

ということを考えると二つの機種に絞られました

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 黒 ES-LT2A-K

 

私にとってのベストバイは間違いなくこれ。

第1に、新型の高性能の首振り機能である3Dアクティブサスペンション機能が付属した点です。

下位機種も「上下左右全方位に動くトレースヘッド」が採用されていましたが、この機種は、上下左右に加えて前後も移動するように改良されました。

アゴなどの曲線部分での圧の分散がさらにはかれるため「肌への優しさ」の点では下位機種よりも優れます。

第2に、もみあげや眉毛を揃えたりするのに使うシャープトリマーの性能の向上です。

こちらは、45度の鋭角の切れ味が良い刃を使うことで、従来の9倍のカット率を達成しました。BROWNやPHILIPS社を含めて、これまでシャープトリマーの機能は重視しておらず、殆ど「おまけ」的なものでした。そこを工夫してくれたのは喜ばしいところです。

引用:家電批評モノマニア

父に借りたPanasonicのヒゲ剃りは、左右にヘッドが動くのですが、上下には動きませんでした。

この機種だとさらに左右にも前後にも動くことで縦横無尽に皮膚の上を駆け回ってくれます。

ヘッドが動くということは、より肌の形に合わせて動くので、変な形で刃が入らないから肌が傷つきにくいんですよ。

また、ほとんど期待してませんでしたが、眉毛用のトリマーとしても使えそう。

ちょうど眉毛用のものが壊れていたので、マジでベストバイ!

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 5枚刃 黒 ES-LV5A-K

 

より肌に優しく! よりくせヒゲに強く! より深ぞりができる。

うん、3枚刃で満足してる私には必要ないよね。

なんとなく刃が多い方がいいような気がして、実際にその通りだったんですが、私にはオーバースペックな様子。

Twitter、Facebook、LINE。あとYouTubeぐらいって人が、iPhone買うのと同じですね。(笑)

価格も3枚刃と比べて1万円前後高くなってしまいます。また、替刃(ランニングコスト)も高い。

ただ、家電好きとしては、父の持ってない5枚刃を持ちたいという意味不明なプライドが残ってるので、ここは自分を抑え込みたいと思います…。

 

なんとか欲望を抑え込んでコスパを選んだ

 

PanasonicのES-LT2A-K(3枚刃! )を購入しました。

私のヒゲ、剃る頻度などを考えるとこのあたりが妥当な価格かなと。

もう少し下のランクでもオッケーですが、それだと父が持っているものよりスペック落ちするので、家電好きとしては許されません(笑)

ES-LT2A-Kが届き次第、またレビューします!

追記:PanasonicのES-LT2A-Kはとんでもない名機だった

いやあもう、名機ですね。

間違いなく名機ですわ。

楽しくて何回も剃っちゃいます。すっげぇ!それるっ!

何回剃ってもあんまり肌が痛くない。いやあすごい!w

 

ただ、ぶっちゃけいうと、自動洗浄機はあったほうがいいと思いますww

参考記事:「肌に優しい深剃り」男のわがままを叶えてくれたパナソニックのラムダッシュ(ES-LT2A-K)