うつ病に理解があるタイプの人の特徴

ども、うつ病ブロガーのほっしーです。

2015年10月にブログをスタートして、ほぼ毎日更新してきました。

いつのまにか月間30万PVを突破して、うつ病ではない人からも「見たことがある」と言われるようになったんですよ。

ほっしー

ありがたい話ですなぁ。

お仕事の話も頂けるようになって、多種多様な人間と絡んできました。

  • 事業家・投資家
  • サラリーマン
  • フリーランス

私ほどいろんなタイプの人間と絡んだうつ病人は、そういないんじゃないですかね(笑)

で、私は常に「うつ病なんですよ」って自分から話ことにしてます。

相手とうつ病について話すことで、この人は理解がありそう・なさそうってのが分かるんですよね。

では、実際にどういうタイプの人間がうつ病に対して理解があると思いますか?

 




うつ病とは無縁のタイプの人間が理解者

サラリーマンって、誰でもできる仕事だと思われてるみたいですけど、私はそんなこと全く思わないですよw

あんな理不尽に耐えまくれるスキルを持った人たちは鉄人です。

起業家やら事業家の人たちは、全く我慢しません。

それが非効率的だと理解しているから。

 

んで、自分たちが我慢しないから、他人にも我慢させないんですよ。

事業家

え?きついなら辞めな?

って、心から言えるんです。

サラリーマンは、すこぶる耐えるスキルが高いので、弱い人たちの気持ちを理解しにくい。

サラリーマン

え?それぐらい頑張れるんじゃないのか…

といったことが普通に起こるわけですね。

そりゃ、うつ病人を理解できるわけがない。

 

今の社会の形のままでは、うつ病の人を受け入れるのは難しい

私もよく精神障害の方にお仕事を任せるのでわかりますが、仕事のレベルとしては健常者の半分以下であることが多いです。(人によるけどね)

事業家タイプの人間は、お金を回してあげたいという気持ちがあるので良いですが、サラリーマンは不公平感を覚えると思います。

ほっしー

自分だってめっちゃ頑張ってて給料あがんねーってのに、不公平だと言ってもまぁ不思議じゃないよね。

当然、精神障害者も12.9万じゃ暮らしていけないので、給与アップを望んでいることでしょう。

 

精神障害者の法定雇用率のアップやら、雇用するべき! といった流れはこれからも続くはずなので、社会的な不公平感は増していくでしょう。

言葉の端々にイヤミを感じたり、バカにされていると障害者が感じる機会も増えると思われます。

ほっしー
私たちは人の気持ちに敏感なので、なおさら感じ取ってしまうよ

 

仕事の形が多様性すれば、うつ病の理解も広がるはず

スーツ 星野良輔
  • 1日8時間勤務
  • 週5日
  • 通勤あり

仕事の形って、だいたいこれが普通じゃないですか。

この形式がツライと思ってる人は、健常者にもたくさんいると思うんですよ。

そんな苦しい環境で耐えて戦って頑張ってたら、そりゃ精神障害者が優遇されてたら文句も言いたくなりますわな。

 

もっと労働者に寄り添った働き方が増えれば、精神的、金銭的な余裕が出てきて精神障害者にも優しい社会になると思うんですよね。

人間を変えることよりも、社会の仕組みそのものを変えたほうが楽なはず。

社会の仕組みが変わるのは時間がかかるので、今の社会が合わないなと感じる人は生き方・働き方について時間をかけて考えたほうが良いですね。

ほっしー
私も2年ぐらいはかかったよ…でも、時間をかける価値はある。

 

あと、労働者自身ももっと投資を勉強した方がいいと私は思います。

お金のことを学ぶと、お金に対する不安が小さくなるんですよ。

私もロボアドバイザーを使って簡単に投資しながら勉強してるところです。

 

社会の働き方はなかなか変わりませんが、自分自身で働き方を考えて実行してみることはできます。

ネットで稼ぐ方法もたくさんあるので、自分でビジネスを始める前に小さく練習するならネットはぴったりだと思いますね。

 

▼障害者の働き方に興味がある人向けの記事

関連記事:好きな仕事して生きよう!と思ったのは、そうする以外になかったから

関連記事:うつ病の私がやっている、人と関わらずに稼ぐ方法

関連記事:【20代既卒、第二新卒限定】就活うつを防げ! あなたを助けてくれる転職エージェントまとめ

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?



理解のある人

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(月間30-35万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。散歩は行くけど、ほとんど引きこもり。

新しい時代の働き方・生き方をメンタル疾患持ちの視点からお届けします。

2018年10月に、本を出版予定!

 

詳細プロフィールはこちら

Voicyでラジオ放送してます

LINE@もやってるよ

元気になれるInstagramはこちら