取引所は危険! 仮想通貨の管理はウォレットでしよう

nanoS

どうも、ほっしーです。

2018年の1月。間違いなく歴史に残るほどの仮想通貨流出事件が起きてしまいました。

原因は、取引所のセキュリティ対策の甘いところをハッキングされたってところです。

男性
仮想通貨自体が危ないんじゃないか?

と、言っている人も居ました。それは間違いですけどねw

仮想通貨を買ったら、取引所に預けるのではなく、ウォレットに移すべきです。

今回は、ウォレットについて解説していきますね。

 



そもそもウォレットとは何でしょうか?

すごく簡単に言えば、仮想通貨を保管しておく場所のことです。

ネット上に作る財布のようなものですね。

実は、取引所で買ったコインは、取引所のウォレットに保管されます。

取引所のウォレット利用する=取引所で買った仮想通貨をそのまま置いておくということになりますな。

 

なぜ、取引所は危険なのか?

  • 取引所が倒産するおそれがある
  • 取引所がハッキングに合うおそれがある

国内の仮想通貨取引所はクソ儲かっているので、倒産することはあまり考えられません。

海外のマイナーな取引所とか怖いっすけどね。

問題はハッキングの方ですよ。

 

あなたがもし、ハッキングできるとしたらどこを狙いますか?

  1. 10億円分の仮想通貨を持っている個人のパソコン
  2. 数百億円はくだらない仮想通貨を持っている取引所
ほっしー
絶対2の取引所でしょw

というわけで、取引所のウォレットを使用するのはリスクが高すぎるわけです。

 

というわけで…。

取引所以外のウォレットを紹介していきます。

とはいえ、100%安全ではないってことは留意しておいてください。

 

いろんなタイプがあるウォレット

1.ソフトウェアウォレット

インターネットに接続している状態なので、取引所よりは安全ですが(狙われるリスクが少ない)

ハードウェアウォレットにはかないませんね。

 

ただ、手軽に資金移動ができるのは魅力です。

でも、全通貨に対応した誰もが使う的なソフトウェアウォレットはないんですよねぇ。

 

2.ハードウェアウォレット(おすすめ)

インターネットから完全に切り離されるので、ハッキングのリスクはなくなります。

とりあえず安全にガチホールドするなら、ハードウェアウォレットで間違いないでしょう。

 

Amazonにも売ってるんですけど、公式でちゃんと買ったほうがいいです。

転売品をつかまされると、ウイルスを仕込まれて資金を奪われますから。

Ledger NanoSを使っている人が多いですね。

nanoS

Amazonで買ってもいいんですけど、変なの掴みたくなかったら

ちゃんと正規の代理店で買うことをおすすめします。

 

 

3.モバイルウォレット

リアルに存在する外の店舗で、仮想通貨で何か買い物があるときぐらいしか使い道ないですかね。

スマホを紛失したら盗まれますし…。

▼例えばこういうとき▼

4.ペーパーウォレット

利便性ゴミだけど最強のセキュリティを誇りますw

だって、ただの紙にするんですから。

単純に紙なので…

  • 物理的になくしちゃう
  • 紙が汚れてQRコードが読めなくなる

などの問題があると詰みます。

それこそ金庫に入れておくとか、汚れない環境で厳重に管理すれば最強でしょうね。

売りたくてもすぐに売れないという抑止力にもなりますよ(笑)

 

最低でも取引所に置いておくことは避けよう

とまぁ紹介してきましたが、あまり通貨を買いすぎると管理が大変になります。

男性
めんどくせぇから取引所置いとこ。

ってな人が、コインチェックで資金を失ったわけですよ。

さすがにアホなのでやめておきましょう。

 

関連記事

 

nanoS

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。