うつ病の人に言いたい! 完璧主義って治んないもんだよ。

何日か連続で、動画配信の撮影や飲み会なんかがあったので、風邪ひきました。

どれも最高に楽しいイベントでしたが、うつで引きこもっていた期間が長いので体力がまだ戻っていない模様。

老化とは認めん。

今もゴホゴホ咳きしながらブログ書いてます。

熱は何度あるのか? 測ってしまうとその数値に引っ張られて体調悪くなるので、あえて数値では出さない派でございますw

男性
いやいや、寝てろよw

ごもっともなんですが、完璧主義についてどうしてもカキたくなってしまいましてねぇ…。

 

先日、精神科医からこんなことを言われました。

精神科医
断薬の失敗はありましたけど、それからいい感じに復活してきましたね。そろそろ維持療法に入ってもいい段階です。

いわゆる「寛解」と言われる状態です。

寛解するのに重要な要素の1つとして「完璧主義の排除」があげられます。

ほっしー
常に完璧でいなきゃけない完璧主義。 うつ病治療中で働けなくてお金も稼げないのになにが完璧なの?

てな感じで、自分を責め続けることになるわけ。完璧主義、ダメ絶対。

 

さて、ここで冒頭に戻りましょう。

ちょっと熱があって、ゴホゴホ咳きしながらブログ書いてます。

私にとって、ブログを書くことは趣味でありながらも仕事の1つです。

ここから考えられることとは…

 

 

うつが寛解状態に入っても、完璧主義は「完璧に抜けた」わけじゃない

風邪ひいてるんですよw 熱も微妙にあるんですよw

働けないわけじゃーないです。自宅でできる仕事だし、きつくなったらすぐ寝れる。

かといって、緊急要件もありません。 急いでしないといけない仕事は抱えない主義なので。

 

つまり、寝てりゃーいいんですよ。きついしね。

でも仕事しちゃうんです。

ほっしー
わー…だりぃなぁ仕事しなきゃなぁ。仕事したい仕事したい。

こんなグルグル思考になってました。

 

ふと思ったんですがこれ、完璧主義ですよね。

今日仕事したとしても、いつもの何分の1かしかパフォーマンス出せないと思います。

効率が悪いことは分かっていても、どこか「強迫的に」やらなきゃいけないと感じる。

 

完璧主義は治らない事実が自分を苦しめる

フォロワーさんのコメントや、ブログの問い合わせからくるメールを見ていると

ほっしー
あー…この方、全然完璧主義が抜けてないな…休んでも休んだ気にならないだろうなぁ。

と、まるで自分はすでに完璧主義を克服した気でいましたw

 

でも今回の1件で、自分も完璧主義のループから抜け出せないことに気づいた。

正直、不安になりました。 だってうつ再燃可能性が高いとも言えないこともないじゃないですか。

完璧主義ってのは、うつ病に限らず健常者でさえもNGな考え方です。

ほっしー

めっちゃ自分を苦しめるから! 完璧を達成したら、さらに完璧を求めるから! 終わりなき孤独なレース!

 

完璧主義者すぎる自分が嫌いなあなたへ:大丈夫だ、そう簡単に治んねぇから!w

これは自分を慰める意味もあるのですが…。

ほっしー

そう簡単に治んねぇから、ある程度は諦めるしかないよ!

ってことです。まあ今日の私は仕事もしてますけど、いつも以上にしっっっっっかり寝てます。

13時間ぐらいは寝ているので、体調が良くなってきたから仕事をしているという面もある。

もっとも完璧主義が強いときだったら、風邪を引いたからって遠慮することなくいつもと同じように仕事をしていたはず。

私にとってこれは、完璧主義がずいぶんと薄まったという事実でもあるんです。

 

完璧主義者すぎる自分にお困りのあなたも、実は昔に比べたら完璧主義が薄まっているかも? しれません。

そういったポジティブな事実に目を向けるってのも大事なことですよ。

そもそも、完璧主義を治さないといけない!! っていう考え方も完璧主義ですよね(笑)