優秀な自分はうつ病で消えても、できない自分を認めよう

どうも、ほっしーです。

かにかまさんに体験談を投稿いただきました!

優秀だった自分は消えても、できない自分を認めてあげることで、最終的には薬からも卒業できたそうです。

ほっしー
自分を認めるって、難しいよね。すごい。

それでは、体験談スタート。

 

悪魔の気配は、大学生のころに

私がうつ病を自覚したのは大学生の頃です。

かにかま

なんだか気持ちがのらないなぁ

と思いながら過ごしていたり、悪い方向にばかり物事を考えていたことに気づきました。

 

うつ病について本を読んだか、授業で習ったかで、もしかしてうつ病かもと思ったことがきっかけです。

それまでの私といえば、高校をトップ成績で卒業し、大学へは推薦入学。

センター試験の苦労も味わわず、「人生楽勝!」と思っていました。

女性

こいつムカつくなぁ

とか、思わないでくださいね?

それだけの努力はしていたんですよ。

あとは、運が良かったというのもあります。

 

ただし、スポーツはあまり上手くなく、異性にもモテませんでした。

人と話をするのも苦手で。

ムカつき具合がやわらげば幸いです。

 

心療内科を受診することになったきっかけ

  • そんな自分が大学に入ってつまづいたことは主に3つ。
  • スポーツ外傷に悩んだ
  • 大学の講義についていけなかった(なめてた)
  • 宗教にはまった
そんな要因があって、「なんだか気持ちがのらないなぁ」の状態となります。

うつ病について知ると、ひどくなると死んでしまうらしい、ということを知り、

かにかま

死にたくない

という気持ちから、心療内科を受診しました。

 

心療内科では、主にカウンセリングを行い、薬を処方されます。

  • どういう気分ですか?
  • どんなふうに考えますか?

とか聞かれました。

認知行動療法の一種でしょうか。

気分悪くて行っているので、「そりゃあ気分悪いです。やる気が出ません」と答えます。

精神科医
うつの症状かもしれませんね。薬を飲んでみてください

という診断。

 

ルボックスとデパスという薬を処方されました。

診断のとき気付いたのですが、うつ病とは言わず、うつ症状というのですね。

後から知ったことですが、うつを病気ととらえると心理的効果で治りにくくなるようです。

 

とりあえず薬を飲みながら、普通の生活を続けていました。

「うつは、心の風邪」という言葉をこのとき知りました。

それで、すんなり治ればよかったのですが…。

少し良くなったな、と思い先生にも相談してしばらく薬をやめていました。2年くらいです。

 

今度は大学の研究で行き詰まり

立ちはだかる壁
かにかま

研究で結果を出せない自分は、価値がない人間だ

などと、思い込むようになっていました。

 

ある日、頭が痛くて、起きて大学へ行くことができません。

外に出ることも怖くなり、大学へ通う道に恐怖感をもつようになります。

その日から約1年、引きこもり生活を楽しむことにしました。

 

外に出ることもできない自分に、「なんでこんなことに」とか、「親に申し訳ない」という罪悪感を感じながら、日々を過ごします。

「うつは、心の風邪」という言葉を言い聞かせていました。

かにかま

悩み過ぎて死んでしまいたくない

そんな気持ちです。

 

自分中心に考えたいけど、役にも立ちたい葛藤

周りからは、無責任とか、甘えているとか、そんなふうに見えていたのではないかと思います。

「でもそんなの関係ねー!!」(当時流行ってました)

自分が生き残る事のほうが大切です。

 

いえ、本当は世の中に役立ちたいと思っているのです。

自分なりに能力を活かして、世の中に希望を与える存在になりたいと思っています。

だから、まだ死にたくない。

 

だけど、外に出ることも怖い自分という現実。

「役に立ちたい」という気持ちと「自分には無理だ」という気持ち。

そんな葛藤の中、頼った言葉が「うつは、心の風邪」です。

風邪なら、治るでしょう?

 

1年間の引きこもりを終え、大学院には退学を申し入れ、就職しようと思いました。

薬を飲みながらの仕事です。

薬を飲みながら仕事をするための戦略として、「できない自分」を装うことにしました。

自分を守るためです。

 

私の場合はその戦略に効果がありました。

できない仮面をかぶりながら日々仕事をこなす。

その中で、「結構がんばってるじゃないか、自分」という気持ちが芽生えます。

 

自己肯定感というのでしょうね。

新しく芽生えた気持ちが支えとなり、仕事を始めて2年弱の頃、薬を卒業しました。

それから、7年ほど経ちますが今では自分大好き奴です。

弱い自分を認めるには?

弱さだけを見つめてみてもつらいだけなので、自分の良いところを見つけることがおすすめです。

▼以下の記事を読んでみて!▼

 

寄稿してくれた人(かにかまさん)の情報

かにかまさんのブログ

かにかまさんのTwitter

 

他の体験談も読んでみよう

参考になる話がいっぱい! 精神疾患の体験談記事まとめ

 

関連記事

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?