うつ病でも無理なく目標達成をしたい人にわかりやすい本

どうも、うつ病ほっしーです。

ものごとを継続させることって、難しいですよね。

つい高い目標を立ててしまって挫折し、自己嫌悪。

そして自分がますます情けなく見える…という人はだれもが一度は体験したことがあるでしょう。

 

うつ病になるとこの自己嫌悪は加速し、もう自分はなにをやってもダメだと思うことがよーくあります。よくね。よくある。

今回紹介する本は、うつ病ながらたくさんの活動をできている私が、試行錯誤の上にやってきた目標設定がわかりやすく書いてありました。

この本を読むならこの3つだけ意識しとけ!ってことを引用して紹介します。

 

ほっしー
スピリチュアルっぽいタイトルだけど、スピリチュアルではないよ〜。

 




ポジティブに考えるだけでは、自信は得られない?

ネガティブな部分を含めてありのままの自分を受け入れて、小さな成功体験を積み重ねることで、それまでポジティブに考えても得られなかった「自信」が驚くほど簡単に身についたのです。

自信というやつはどこまでいっても自己評価なんですよ。

他人の評価というのは、まったくアテにならんのです。

で、他人の評価が気になるのは、弱い自分を受け入れられていないからだと思います。

ほっしー

過去の私も、弱い自分を受け入れられなくて結果を出さないと価値のない人間だと思ってたからね…。

スピリチュアル系でよくある、願ってりゃ叶うみたいなやつは

  • 弱い自分を完全に受け入れられている
  • 頭おかしいぐらいポジティブ

じゃないと、実行し続けるのは難しいんです。自己嫌悪になって逆効果になることも多い。

自己啓発は本当に色んなタイプがあるので、 一概には言えないところはあるんですけどねw

 

OKラインを身につけよう

人には「いつかこのレベルを達成したい」という目標とは別に、

「いま自分自身がこのレベルを満たしているならOK」と自己肯定感が持てる基準があります。

私はそれを「OKライン」と呼んでいます。

OKラインは「自分が確実にできること」に設定しておくことが大切です。

確実にできることを積み重ねることで得られる「自己肯定感」によって、実力を発揮し続けることができるからです。

OKラインをしっかりクリアできれば、人は手応えを感じるようになります。

この手応えを感じ続けることで、壁にぶち当たっても「乗り越えられる」という自信が出てくるの

呼び方は違うものの、OKラインについては私も自然と設定してました。

これはブログを書き始めてから身につけたもの。

最初は好きで書いていたんですが、だんだん「読まれたい欲」が出てくるものなんですよw

 

よくあるのは「月間◯◯PV(ページビュー)を目指す」というもの。

現在は月間25~30万PVで推移しているものの、最初なんて1万PVもないものです。

どれぐらいPVがあるのか?

2桁PVになるのに1年半ぐらいかかってます。 遅いほうなので才能はないでしょうねぇ。

誰かに憧れたり、同期のアイツを抜かしてやる!と、到達難しそうな目標設定をしてしまうんですよね。

 

でもすぐに結果が出るものでもないので、これ相当凹みます。

たまたまライバル視していた人がバズって、自分が負けた気がする…なんてこともよくある話。

心が折れそうになった私は、別の目標も同時に立てていました。

ほっしー
1日1記事更新する!

これだったら「簡単に」達成できる目標だと思ったのでw

まさにOKラインの定義と同じですよね?

ライバルが心折れてやめていくなか、3年近く(2018年10月で3年です)ブログを運営し、Twitterのフォロワーも9000人を超えたのは継続の賜物です。

実は継続しているだけでもかなりのアドバンテージなんですよ。

ブログなんてすぐ始められてすぐ辞められるので、みんなすーぐやめちゃうんです。

たぶん継続するだけで、上位10%には入れるかと。

 

自分でコントロールできるものを目標にしよう

仕事がどう評価されるか、相手がどう聞くか、それは審査員の採点と同じで、自分でコントロールできるものではありません。

だとしたら 他者の評価に焦点を当てず、「ありのままの自分」をキッチリ100パーセント出すことを目指すべき ではないでしょうか?

ムリに高い目標設定をしなくても、キッチリ100パーセントの力を出していけば、「ありのままの自分」はどんどん成長していくのです。

OKラインを下げることは、別にラクをしようとか妥協しようということではなく、一歩一歩成長を確認しながら、自分のレベルを高めていくための近道に他ならないのです。

これ、さっきのブログのPV数を目標にするのはやめて、記事更新数を目標にしようという考え方も一緒ですよね。

前者はコントロール不可能、後者はコントロール可能です。

 

うつ病の治療も例にして考えてみました。

ほっしー
お分かりいただけただろうか…

自分がやれば達成できるものにこだわれという話ですな。

  1. うつ病を1年以内に治す
  2. ブログのPV数を伸ばす
  3. 仕事の売上をアップさせる
  4. 2年以内に昇進する
  5. 1年以内に恋人を作る

こういう「ありがちな目標」は、あなたの力だけではどうしようもないのです。

そこにこだわりすぎると、理不尽に振り回されて燃え尽きますぞ。

 

こんな人は読んでみよう

  • 自分が認められない
  • ポジティブシンキングに疲れ果てた
  • 弱いままの自分で生きたほうが楽なのでは?とか思ってる
  • なにをやるにも継続しない…と感じている

この本の一番良いところは、無理のないスタートを切らせるところです。

OKラインを徹底的に下げて、自信をつけさせるところから始めます。

ダイエットがうまくいかない人に「まずは腹筋している自分を頭の中で想像することから始めましょうか」というシーンもあります。

実際、「目をつぶって腹筋する様子を想像してみる」ということから始めて、半年間で一〇キロの減量に成功した人もいます。

「やる気が出ない」と思っていても、小さな目標達成をコツコツ続けることでモチベーションが育ち、それまで耐えることができなかったこともできるようになるのです。

私はたまたまこの本に書いている通りに実践してきています。

いまではOKラインも上がってきていて、昔よりは多くの仕事量をうつ病ながらこなせています。

物事が継続できない、モチベーションが続かない人はぜひ手にとってみてくださいませ。

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?



心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(月間30-35万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。散歩は行くけど、ほとんど引きこもり。

新しい時代の働き方・生き方をメンタル疾患持ちの視点からお届けします。

2018年10月に、本を出版予定!

 

詳細プロフィールはこちら

Voicyでラジオ放送してます

LINE@もやってるよ

元気になれるInstagramはこちら