どうも、ほっしーです。

あなた
お金がなくなってきたけど…うつで働けないしどうすれば…

こんな経験、ありませんか?

私も節約はしたりはしてるんですが、ふつうに生活するだけでもお金は減っていきますよねぇ…。

でも実は、家に居ながら自分のペースでお金を稼ぐ方法をいろいろ試してみてずいぶんと助かってるんです。

毎月少しでもお金が入ってくるようになると、精神的に安定してきている自分に気がつきました。

ネットで稼ぐ手段を知らなければ今でもハロワで暗い顔をしていたかもしれません…。

あなたにはそうなってほしくない。

それでは「ネットに稼ぐ」について話していきますね。

 

 

経験してわかった! 「ネットで稼ぐ」は精神疾患と相性が良い

  • 症状に合わせてマイペースに仕事ができる
  • 簡単なところから始まられるので自信を取り戻せる
  • 人と対面せずに仕事ができる
  • ネットを使えば趣味と仕事が合致しやすい
  • ネットでは個性的なほうが評価される
実際に私がネットで稼ぐを実践してみてわかったことです。

「ネットで稼ぐ」を本業にしなくても、少しずつ自信を取り戻せるというのは精神疾患にとって大きなメリットです。

仮に社会復帰したとしてもネットで稼ぐスキルをつけておけば「副業」としてもっておくこともできますしね。

社会復帰で時短勤務するにしても、相当軽症にならないと無理ですよね。

ネットなら人と合わないし、外に出る必要もないので、療養も兼ねてできますよ。

それでは、実際に紹介していきましょう。

 

私もスキル0から始めました。 ネットで「稼ぐ」

1.フリーライターとしてライティングで稼ぐ

文章を書くというとハードルが高く感じてしまうかもしれません。

でも、問題ありませんよ。全くの未経験でもできますし、私なんて前職がシステムエンジニアの理系で、文章が下手くそって周りから言われてましたけど、できてます(笑)

あなた
でも…特別な経験や体験がないと書けないんじゃないの?

と、思うかもしれませんが特に心配する必要はありません。

 

そりゃあったほうが有利ですが、無くても大丈夫。

というか、「精神疾患者」ならその時点で普通の人よりは「特別な経験」があるので、私たちは「書き手として貴重」ですよ(笑)

仕事を続けていくと、直接依頼が来たりして報酬アップも夢じゃありません。

私も今はライターとして直接仕事を請け負ったりしています。

 

オススメはランサーズですね。

全くスキルのない状態から試してみて、頑張って3万円稼ぐことができました。

 

↓登録のやり方が分からない人は、以下を参照してみてください↓

メンヘラで何もできなかったぼくが月3万ネットでお金を稼いだ方法を公開!

 

2.ネットショップを無料で簡単に開設して何かを売ってみよう!

あなた
売るほどではないけど、趣味程度に絵はかけますよ…

というあなた。売らないのはもったいない。LINEスタンプなんかみてもらえればわかると思いますけど、決して上手くなくても絵は売れますよ。

私みたいにブログ書いてる人は常に画像、イラスト不足なので、わざわざお金出して買う人もいるほど。

プロじゃないオリジナリティのあるイラストや写真が求められてるんですよ。

今はいい時代になりました。簡単にネットショップを設立して、難しい設定なしにクレジット決済も可能。

つまり、それほどレベルの高くないスキルも、コストをかけることなく売ることができます。

フリマに出されているようなちょっとした手作りアクセサリーが作れるというのも売れるスキルです。

ただ、売り場を確保するのが難しいんですよね。ネットでECショップを立ち上げるのもハードル高め。

でも、簡単にショップが開設できるサービスがあるんですよ〜!

それがBASEというサービスです。

実際に解説してみたところ、10分程度でできました。

初心者でもすぐに使いこなせると思います。

趣味程度で売り物になんて…と思っている方に、ぜひ試してもらいたいですね。

実際にどんな商品が売られているのか記事に書きました。

これを読むと、「あ、私でも売れるかも」と思えるはずです。

 

3.手に職をつければ引く手あまた

メンタリング体験

クラウドソーシングにも仕事があるし、転職市場は引く手数あまたです。

ただ、基本的に就職すると奴隷扱いされるので、オススメしません。

最初から独立してやってくのがいいでしょうね。

ガッツリ本業! みたいにしなくても、少しの時間だけ働くという選択肢もあり。

専門の仕事で収入が高いので、身につけておいて損はないスキルですよ!

男性

やりたいけど、向いてるかわからない…

という方は、TechAcademy [テックアカデミー]というプログラミングスクールに、プログラミング無料体験コースがあるのでそこを試してみると良いでしょう。

潜入取材して来た記事があるので、参考にどうぞ!

 

一時的なお金を得る

一時的ではありますが、物を売って金銭を得る方法も紹介しておきます。

身の回りのものを整理することは、心も軽くなるのでオススメ。

私自身が、うつで苦しんでいるときに使ったサービスなので、心理的負担が少ないというところが特徴です。

 

家に居ながら本を売る

気づいたときには家中に本が…

そんな経験ありませんか? でも、精神疾患者の場合、症状によっては簡単に外に出られなかったりするんですよね。

そこでオススメしたいのが送料無料で高価買取 バリューブックスです。

 

私たちがやるのは、ダンボールに本を詰める作業だけ。

宅配業者が取りに来てダンボールを渡せば勝手に査定して買い取ってくれます。(買取価格に不満があればキャンセル可)

取引の流れを詳しく書いてあるので興味のある方は以下の記事を読んでみてください。

 

ブランド物を処分してお金に変えるのも「家」で

シャネルの画像

元気なときに買い漁っていたブランド物。

見ると凹みませんか? 見えないところに隠しているのもいいですけど、それ一生使いませんよ。

引っ張り出して処分するにはあまりにも労力がかかる。

だったら、無料で家まで取りに来てくれる買取サービス利用しちゃいましょう。

ブランディアなら、6000ブランドも買取範囲があるんですよ。

満足度も高くて、150万人がすでに利用したとか。すげぇw

 

 

社会復帰するにしてもしないにしても「ネットで稼ぐ経験」は生きる

ネットでお金を稼ぐ経験というのはスキルや自信になるので試してみることをおすすめします。

しかも今回紹介したものはどれも、ほとんどお金をかけずに始めることができるんですよ。

これからの時代、本業だけで食っていくのは難しいでしょう。

世の中の流れ的に、副業や兼業が受け入れられる傾向になってきています。

つまり、今のうちに副業にできそうなことに着手しておくべきなんです。

特に、精神疾患の人は長く病気と付き合うことにもなるので、自分のペースで仕事をすることを学ぶ上で、「書くこと」はめっちゃオススメですよ。

 

心に闇を抱えて鬱屈とした思いを吐き出すのにも「書く」という行為は有用です。

単純にストレス解消にもなるし、少しお金ももらえるしで一石二鳥ですね。

なにより、自分のペースで仕事ができるということが強い。

少しずつこなして階段を上がっていくことで「自信」を取り戻しましょう。自身を取り戻してから就職活動をしてもなにも遅くはありません。

障害者雇用を狙う場合は専門のエージェントを利用しましょう。非公開案件や高単価案件があります。

スーツ 星野良輔

健常者と争うには…ちときついでしょう?最初はね。

精神障害者の当事者スタッフもいるので、ハロワで探すより効率もいいし精神的にもきっと楽。

 

レクサプロとMacBook Air