死にたい人は止められない…本当の自殺対策は哲学、心理学にある。

どうも、双極性障害と戦うブロガー星野 良輔(@hossy_FE_AP)です。

不登校になった小学生の息子を復帰させた具体的な方法を母親に聞いた。

この記事を書いた直後、こんなニュースが飛び込んできました。

学校の友人の話から考えると、どうやらいじめにあっていた様子。

将来ある若い人がなくなるニュースは悲しいですよね。

ただ、自殺に関しては防ぐことはできないと私は考えてます。

 

 

自殺は止められない?

本当に自殺を決めた人は「死ぬ」とは言わない

自殺を防止する対策は「死にたい」と言ってきた人に焦点が当てられている事が多いですよね。

ただ、本当に自殺する人というのは「死にたい」という前に勝手に死んでしまうのですよ。

 

自殺なんてしちゃダメだよ!はマイナス

私も双極性障害となって死にたい気持ちを強く持っていた時期があります。

うつ病とは何が違う? 双極性障害(躁うつ病)を大まかにつかもう!

2016.07.25

 

診察を受けていた精神科医から「死んだって何もいいことはありませんよ」

と言われました。

そんなことはわかってます(笑)

そのときに思いました

ほっしー
あ、死にたいって気持ちになってるときってほんとに何言われてもダメなんだな

 

本当の自殺対策

デスクワークが増え、外に出る、運動する機会が減った我々は精神的に脆い状態にあります。

心と体は密接に関係していることもあり、部屋の中で閉じこもった生活が続くと心もうつうつとしてくるのは当然なんですよ。

日本では「がんばれ!気合だ!」といった根性論ばかりが先行してどうして人は悩むのか?といった思想的な教育はあまり行われませんよね。

もちろん、思想を押し付けるような教育は良くありませんが、「自分と対話できる場所」を心のなかに作るという教育は必要なのではないかと思います。

 

自分と向き合うと死にたい気持ちが消えた

自分を追い込まないようになぜ死にたいのか?と問い続けることは苦行のように感じるかもしれませんが、やってみるとおもしろいですよ。

  • なぜ死にたい?
  • なぜ悩んでる?
  • なにが怖い?
  • なにが?なにが?なにが?

と自分に問いかけてパソコンや紙に書き出していくと、これといった理由のない不安から恐怖を感じていることがわかります。

書き出すことで悩みを客観的に見ることができ、「なんだ、こんなもんか……」と、心がスッと楽になります。

心の傷は時間が癒やしてくれるのでは?と思っている方も多いようですが、実際には癒やしてくれないことが研究の結果でわかっています。

心の傷の癒やし方は「時間」ではないことが研究で明らかになった!?

2016.03.26

自分としっかりと対話する力をつけましょう。