うつ病患者が独断と偏見で答える、精神科に行くタイミング

病院の椅子

どうも、ほっしーです。

男性
なんとなく◯◯病っぽいんですけど…病院に行くべきですかね?

という質問、結構もらいます。

私は医師ではないので、医学的に見てどうとかはまったくわかりません。

ただ、当事者として独断と偏見で答えさせていただきますw

 

日常生活、社会生活に支障が出ているかどうか

DSMというのは、精神障害の診断と統計マニュアルのこと。

精神科医が診察するときに参考にしている、世界標準のうつ診断の基準みたいなもんです。

ほっしー

ただこれがねぇ…。結構ザルなんだよ…w

◯◯日、死にたいほどの憂うつが続いたら、うつ病。 みたいな診断になります。

もちろん、精神科医はこれ以外にもいろんな要素を見てます。

が! ネット上にあるうつ病診断はたいていDSMに基づいているので、ほとんどの人がうつ病認定されますw

ほっしーのブログにもありますよ!

全10問! うつ病診断チェックテストを作りました。

 

そう、大事なのは…。

  1. 他人と比べずに自分自身が
  2. 学校や会社などの社会生活で
  3. 支障が出ているかどうか
こればかりは主観的なものなので、素人が判断できる領域じゃないと思ったほうが良いでしょう。

さっさと病院に行くべし。

 

精神科、心療内科はそんなに怖いところじゃない

星野良輔 黒歴史 ネガティブ

精神科に対して「ヤバい」イメージ持ってませんか?

内科と変わんないっすよ。ほとんど。

たまにすんごく暗い人もいますが、普通にスマホいじって待ってるような人たちが大勢います。

ほっしー
きみらほんとにうつ病か…?w

みたいな。私もそう思われてるんでしょうけど(笑)

 

女性

もう人生どうしようもなくて、泥沼で、今すぐにでも死にたい!早く死なせて!

みたいな人は見たことがありません。

衝動性が強い場合は、入院させられるのでまたちょっと世界が違うんですよね。

 

病院には、早めに行ったほうがいい

病院の椅子

精神疾患って、性格の問題では? とか、人格の問題では? なんていいますけど、ただの病気っすよ。

何の変哲もない、ただの病気。

自分がなにか特別なものと思ってますか? いやいや、凡人ですってあなたも私も。

 

冬になったらインフルエンザが猛威を振るうように、うつ病も猛威を振るうんです。

甘えでもなんでもないということは、経験者の私が実感してます。

 

いいですか、キーワードは「社会生活」です

さいごにもう一度ふりかえってみましょう。

ほっしーの独断と偏見ですが、精神科に行くタイミングは「社会生活が送れているか」です。

  • 通勤の時間になるとめまいがして休むこともある
  • 上司から話しかけられると、震えてしまって仕事ができない
  • 食事が喉を通らず、短期間で5kg以上痩せてしまった…
などなど、健康だったらあまり考えられない状態なら、行ったほうがいいと思います。

 

関連記事

 

病院の椅子

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。