自分のうつ病は一生治らないモノだと思っている

どうも、うつ病ブロガーのほっしーです。

「私のうつ病は、一生治らないものだと思っています。」

…なんていうと、すごくネガティブな印象を与えるでしょうが、ポジティブな意味合いで言ってます。

治るとは思ってるけど、焦って治そうとはしていないのです。

結論から言えば「つらいから」に他なりません。

早く治さなければいけない! と自分にプレッシャーを掛け続けることは疲れちまう。




「治る」と「改善」は違うものだと思っている

当ブログ名でもある「メンタルハック」は、うつ病を含めた自分の心の状態を分析して改善するの意です。

私はあえて「治る」や「治したい」という言葉は使っていません。

治るという言葉には、100%元気な状態というニュアンスが感じられるので、それはなんか違うかなぁと。

具体的にどう違うのか?と言われると、結構難しいところはあるんですが…

うーん、なんというか、「うつ病になる前に戻る」のとは毛色が全く違います。

そもそも私は、うつ病になる前に戻るという考え方には否定的なスタンスを取ってますし。

「新しい自分に変わること」は、「うつ病になる前のような元気な自分に戻る」とニュアンスが違うのかもしれません。

私の中では、前者が改善、後者が治ると捉えています。

 

一生、うつと付き合っていく態度が回復を早めるのではないか

私の場合、うつ病がどうという前に、単にメンタルが弱い部分もあるんじゃないかと思うんですよね(笑)

うつ病はうつ病として、メンタルの弱い自分に乗っかってる…みたいな。

だからこそ、大切になってくるのは

  1. 生きやすい考え方をする
  2. できるだけ好きなことをして過ごす
  3. 自分に合った働き方を見つける
だと思うんです。

できるだけ人と関わらずに稼いでく道を選んだのも、自然なことなのかもしれません。

 

焦って治して再発の恐怖に怯えるより、自分と向き合いながら飼い慣らしていく方が心が穏やかになれるはずです。

ストレス対処力も上がるし、再発の恐怖に怯えることもない。

ほっしー

治る!治すんダァ!と気合いを入れるのは私はきつい。疲れるよ。

いつの間にか穏やかな気持ちで過ごせるようになっていて、うつ状態から脱していた。

そんな流れになると最高だなと感じています。

 

 

ちょっと変わった考え方?なオススメ記事

関連記事:生きづらい世の中に必須な、正当化のスキル

関連記事:うつ病人は「逃げグセより、傷つきグセ」が問題だ

 

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?



うつ病 部屋

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(月間30-35万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。散歩は行くけど、ほとんど引きこもり。

新しい時代の働き方・生き方をメンタル疾患持ちの視点からお届けします。

2018年10月に、本を出版予定!

 

詳細プロフィールはこちら

Voicyでラジオ放送してます

LINE@もやってるよ

元気になれるInstagramはこちら