収集家、メモ魔の僕が語る! 抗うつ剤の効果、副作用体験

どうも、はじめまして。

じゃんがりあん二世と申します。

双極性障害II型とのお付き合いは3年強になりました。

よくある大うつ病からの実は双極性だった、の人です。

 

そんな僕ですが、昔からすごく収集癖があります。

例えばこれは今まで飲んだ薬のシート、約1-2年分(多分)↓

ずばり特に意味はありません。笑

お薬手帳と合わせてお薬の説明書き、みたいなものもらうと思うのですが、それもなんとなく、まとめています。

効果の実感、副作用なんかも無駄にメモしてあります。

そんなメモを備忘録も兼ねてまとめてみたいと思います。

 

 

抗うつ薬系

三環系、SSRI、SNRIなど試しました。

結果、躁うつなので使っちゃダメ、ってことになりましたが。

サインバルタやアモキサンは抗うつ効果はありましたね。

トフラニールは尋常じゃない眠気と口渇、目の渇きなどなど副作用が酷すぎて即止めました。

花粉症の薬で眠くなる感じを100倍にした感じでしょうか。

カプセルが多く、ちょっと大きめの錠剤で味は特になしなイメージ。

 

睡眠薬系

僕はレンドルミン、ロヒプノール、及び後発薬、ジェネリックのフラニトラゼパムを使ったことがあります。

併せて他の安定剤などを補助で使っています。

レンドルミンは効くまでしばらくかかる上に、僕は入眠障害というよりは、中途覚醒に多く悩まされていたので、ロヒプノールに変更。

ちなみにレンドルミンはチュアブル(水無しでラムネみたいにぼりぼり食べる)で、ほのかに甘苦い感じでした。

 

ロヒプノールの効果は絶大でした。切れ味バツグン、といった感じ。

20分もすれば寝落ち、そのまま6時間程寝て、朝もぼやぼや残らずスッキリ。

どうやら患者さんからも人気のお薬らしいです。

これに頼り過ぎてロヒプノール無しでは寝られない、依存しちゃうっていうのを避けるために飲まないで寝れる日、強制的な肉体疲労で寝れちゃった、なんて時はあえて飲まないように努めています。

 

ロヒプノールはアメリカでは禁止されています。一度渡航で取り上げられました。

性犯罪などで悪用が尽きなかった部分が大きいのだと思います。

アメリカの大学生がマニキュアを塗った指でお酒を混ぜた時に、

レ〇プドラッグが入っていると色が変わるマニキュアなんてものを開発してましたね。

https://news.engr.ncsu.edu/2015/10/more-than-a-nail-polish/(英語)

そんな日本でも対抗策が…。

途中から真っ青になりました。

ぶっちゃけビビりました。青すぎて。

変更前ロヒプノールはレンドルミンと似たような感じではありましたが、水にすぐ溶け無味無臭無色でした。確かに悪用できちゃいますね。

で、青く変わってからは水に溶けにくく、錠剤も少し固いんですよね。

それのせいなのかは分かりませんが、以前のような切れ味は感じなくなりました。

 

ジェネリックのフラニトラゼパムも同上ですが、個人的には切れ味がやや落ちる気がしました。

眠りが浅いってすごく疲れるんですよね。

夢を断続的に見続けたり、夢の中の夢の中の夢、あとは明晰夢。

個人的には短くても深い眠りが欲しいです。

 

抗てんかん薬系

デパケンとラミクタールおよび併用で飲んだことがあります。

現在はラミクタール一本ですが、効果とミリ数は未だに調整中です。

僕は幸い重篤な副作用もなく、普通の副作用も効果と相対的に見てもプラスなので続けています。

 

どちらもやや甘い。ラミクタールは錠剤が小さ目で飲みやすいのでありがたいです。

細かくミリ数調整するので、25mgを3錠だったり100mg錠だったりいろいろです。

デパケンは徐放剤を飲んでいましたが、粒がとにかく大きく、

風邪の時は特に喉が少し腫れるだけで、かなり飲み込みづらく感じました。

ただ糖衣なので甘いです。

 

その他もろもろ気分安定薬や抗精神薬

どれにするか、どの量にするか、一番難儀している部分です。

単純な部分であれば、

  • 眠気覚まし→ベタナミンと漢方の麻黄湯(どちらもまあまあ)
  • 振線(手の震え)→アキネトン(まあまあ)
抗不安薬、気分安定薬、抗精神薬はあげたらきりがないです。

作用・副作用もうーーーーん、バランスが良いものがなかなか見つかっていません。

常用処方以外に頓服的にリボトリール使ってみたり、クエチアピン使ったりしてみましたが、うーーーーーーん。

リボトリールって一錠一錠アルミ(?)みたいな袋をちぎって取り出すので、ぽちっ、と押し

てシートから取り出せる他の大多数の薬と比べて面倒くさいんですよね。ドキドキを少し抑える効果(特に外出時)はありました。

ちょっと変わった副作用を経験したもので言えば、

  • エビリファイでしゃっくりが一週間止まらなくなった。(副作用に気付いて飲むのを中断しても体に3日程度残る)
  • イーケプラでなぜか全身の関節が痛くなる
  • クエチアピンの長期服用で遅発性ジスキネジアの疑い(?)、のため中断
そんな感じで、今はラミクタールとロヒプノールは据え置きに、

自分にベストなカクテル素材を探求中です。(笑)

一日だいたい3-4種類です。

 

ある程度の期間飲まないと効果が観測できないのもあって時間かかりますね。

生活習慣から来る影響もかなり大きいですしね。。。(反省)

物理的な飲みやすさ、作用副作用、あとは値段。

自立支援などはぜひ有効活用して頂きたいですが、

それでもジェネリック、という選択はアリだと思いますが、

体感的には後発薬と先発薬は効き方に個人差あると思います。

後発薬のほうが相性がいい人もいるかもしれません。

ほっしーは後発薬を使っています

レクサプロの副作用体験談

皆さんも早くベストカクテルが見つかるよう、祈っています。(笑)

ほかの精神疾患体験談も読んでみよう

参考になる話がいっぱい! 精神疾患の体験談記事まとめ

2017.01.15