抗うつ剤に依存してしまう…将来どうなるのか、ちょっと怖い

どうも、ほっしーです。

私はうつ病、双極性障害、気分変調症などなど診断が移り変わりながら薬を服用してきまいした。

今はレクサプロ10mgを夜に1錠だけ。

レクサプロ

ずいぶんと少なくなりましたが、薬を手放すことができません。

あなたはどうでしょう? 薬に対して依存していると思いますか?

断薬と減薬の失敗で、薬に対する依存度が上がった

自分の経験としては、断薬ミス減薬ミスにより、抗うつ剤に対して依存度が上がりました。

ほっしー
自分は薬があるから、元気でいられるんだな!

今では完全にそう思い込んでしまっているので、次に減薬をスタートさせる時期もこわいっすねぇ。

 

抗うつ剤に依存することが怖い理由

たとえば、今飲んでいるレクサプロが、なんらかの事情で販売中止になったらと考えたら恐ろしくて仕方ない。

ラミクタールで重篤な被害を受けたこともあって、薬に対しては警戒感が強いのです。

ほっしー
新しい薬に変えるなんて、考えられん!

 

そりゃ、レクサプロより副作用が少なくて効果の高く、私に合っている薬もあるかもしれません。

ほっしー
でも、それを探す勇気もないのです…。

まぁ処方するのは医師なので、自分で探すってことはできませんがw

 

抗うつ剤を飲んだことがある人ならわかると思いますが、合わない薬を飲んだときの副作用やべーですから。

仕事どころか、日常生活すらもままらない。

最悪の場合、うつが悪化してまた復帰するまでに長い時間冬眠することになるんですよ。

 

長く服用することによる薬害はどうなのだろうか

私たちは、いかに病気を治すばかり考えますが…。

長期…たとえば10年や20年飲むことになった場合の薬害は何かないのだろうか?

陰謀論は否定派だけど長く飲み続けていることの害は無いことはないと思う。

 

現時点では、うつを治すため、維持するために抗うつ剤は必要なもの。

抗うつ剤が怖くてやめるという選択肢にはなりませんが、今はまだ出てきていない副作用が今後でないとも限らないわけで。

 

依存も怖いけど、減薬、断薬も怖い、そして薬の変更も怖い

こうしてみると、なかなかに八方塞がりな状態ですw

薬はできるだけ飲まないに越したことはないってことはわかってるんですけどねぇ。

だって、本来身体には必要ないものですから。

 

抗うつ剤に限らず、薬を飲まずに生活できるならそれに越したことはないんですよ。

現時点では必要だと医師が判断しているのでしょうけど、本人としてはそれはわかりません。

同じような不安を抱えている人はきっといるんでしょうけど、自己判断でやめると体調が悪化するのでそれはやめてくださいね。

 

それでもやってくことは変わんないけどね

  1. 自分を認めてあげる
  2. 小さな成功体験を重ねる
  3. 自信がつく

 

精神疾患に限った話じゃないですけど、人生はこの繰り返しだと思ってます。

抗うつ剤の問題については、一旦棚上げしましょうw

だって、どうすることもできない問題じゃないですか。

 

精神科医に散歩しろとか昼寝するなとか言われて凹んでる人もいると思いますが(私ですw)

それができなくたって自分を責める必要はありません。

簡単な掃除とか、日記書くとか…まぁなんでもいいんですけど、毎日の中で何か達成できるといいですよね。

 

ぼちぼちやっていきましょう。

長い道のりになると思うけど、少しずつやっていけば私もあなたも抗うつ剤を手放せるはずだ。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

こんな記事はどうですか?



レクサプロ