うつ病になって、サラリーマンは無理だと思っていたけれど…

価値観の狭さを実感

どうも、サラリーマンは絶対に無理だ! と豪語しているほっしーですw

理由は単純。

  • 自分がサラリーマンしていてうつ病になったこと
  • 通勤があまりにも過酷だったこと
  • 土地柄が合わなかったこと

とまぁ、完全にワガママな理由ですが、私がつらいと感じたのでしょうがないでしょう。

いろんな業種や組織、そしてフリーランスと関わることで、ちょっと価値観が変わってきました。

この記事は、音声版もご利用いただけます。

 



フリーランスになった理由は、人と関わりたくなかったから

星野良輔ベッド

サラリーマンで、消耗した!

  • 残業多いわ
  • 雑用多いわ
  • 将来が見えないわ
  • 環境が合わないわ
  • ストレス耐性低いわ

ワガママ+自分の弱さが重なってうつ病を発症してしまったわけです。

そして、社会や組織は自分には合わない!と思ってフリーランスを選ぶことになったのです。

だから今のメディア運営という仕事を選んだってのもあります。

ポジティブな理由としては、Twitterでうつ病の発信をしているうちに、もっともっと伝えたい!みたいな思いが溢れて来たってのもありますが(笑)

 

単純に情報発信が好きなんですよ。

難しい問題を、わかりやすい形にして発信して喜ばれるってのが快感っす。

教師には向いてないと思いますが、人に何かを教えるってのは結構好きなんですよね。

  1. 情報を整理してまとめることが好き
  2. 誰かに教えることが好き
  3. でも「直接、人に」関わるのは疲れる
という理由から、ネットメディアの運営は私にとって天職です。

うつ病の私がやっている、人と関わらずに稼ぐ方法

2017.12.31

 

カウンセラーに言われた印象的な言葉「人と関わることは嫌いではないはずですよ」

はじめてその言葉を聞いたとき

ほっしー

…このひと、何言ってんだ? わかってくれてると思ってたのに…

と思って、正直に「それは違うと思う」と言いました。

 

でも、話を聞いてみると納得のいく説明がいくつかあったんですよね。

それに、痛いところも突かれたんです(笑)

女性

そもそも、ほっしーさんは、イヤになるほど人と関わったんですか?

ほっしー

あ、あー…ははw

いやぁこれ、痛いですね。「経験」は確かに少ない。

 

学生時代もサラリーマン時代も、所属するコミュニティ意外で人間関係を持ったことありません。

  • 学生時代は超田舎に引っ越してきた
  • サラリーマン時代はちょっぴり体育会系のとこ
つまり、「同調圧力の強い集団が嫌い」だということはわかったんですよ。

あくまで一部の人間関係が嫌いだとわかっただけなんです。

だけど私は、人間関係全てが嫌いだと思い込んでました。

ほっしー

いわゆる、うつになったら起こる、認知の歪みってやつだね。

 

仕事で絡む人が増えてきて思うこと

このブログはもうすぐ3年。

精神疾患系の個人ブロガーだと、知名度はかなり高い方だと自負してます。

おかげで、いろんな人から声をかけられるんですよ。

  • ブロガー
  • 広告代理店
  • プログラマー
  • デザイナー
  • 広告したい企業さん
私は全て情報を開示しているので、相手は私のことをある程度知った状態で声をかけてくれます。

これが超楽なんですよねw

ほっしー

最初にお互いを知りましょう的な作業が、一番だるいでしょ?

 

で、思ったんですよ。

ほっしー

仕事や人間関係については…自分の価値観は狭かったのではないか?

組織人でもいろんな人がいるし、いろんな組織がありますよね。

少し前に訪問したパニック障害の方が立ち上げた会社では、子連れで仕事をしているママさんもいました。

 

自分の知らない世界があるって、知っていてもちゃんと理解してなかったわけです。

自分の知ってる世界は狭かったと改めて実感。

ほっしー

精神障害者が働きやすい組織なんかない!

と、頑なに思ってましたが…

いろんな組織を見てきて、どんな人にも働く場所はありそうだなと思えるようになりました。

精神障害者が働きやすい場所も多分あるんだろうなと。

ほっしー

ハートネットTVの精神障害者雇用特集でも、働きやすそうな会社が紹介されたしね。

 

そういう場所を、自分で用意できたらそれはどれだけ面白いだろうか。

コミュニケーションあれでも、結果さえ出してくれりゃいいって組織人もいる。

そんな人の仲介役的なことなら、自分ならできるのではないか?

甘いかもしれないけど、そんな野望を抱いていますw

 

自分の可能性を潰しちゃダメだなと思った

そういえば、このブログだってそうですよ。

私は学生時代、国語がいちばん嫌いで苦手でした。

ほっしー
文才はないし、ちゃんと伝えられる自信はないな…

と思ってましたけど、伝えたいことがあるという気持ちが勝ちましたよ。

 

1ヶ月に30万回読まれるようになった今でも、文才があるなんて全く思ってないです。

どうやったら上手に伝わるか?考えながらやってますが、まだまだ課題は山積み。

ほっしー
うつ病を知らない人に、うつ病の症状を言い表すいい言葉、いまだに見つかんねぇよ…。


ま、何が言いたいかって言うと、文章の才能の有無は必ずしも関係ないんですよ。

同業者を見ても、お世辞にも文章がうまいとは言えませんしねw

苦手だけど、仕事としては好きって…人生どうなるのか本当に、わからないですねぇ。

ほっしー
自分の可能性を自分で狭めてないか、再点検しよう

 

関連記事

 

価値観の狭さを実感

心理学やメンタルハック(心の分析、改善)が大好き。

新卒でIT企業に就職 → 半年でうつ病 → フリーランス。

ブログを仕事にして(最高45万PV)お金を稼ぎつつ、本を読み漁ってます。

#うつマッピングの著者です。

詳細プロフィールはこちら

YouTubeチャンネル